スマホ

【2019年版】「ごついスマホ」男心をくすぐるおすすめ機種まとめ

最近のスマホの進化は「大画面化」「カメラ性能」「薄さ」位の物で、通常の使い方をしている限りどのスマホを使っていても以前の様に「画面がカクカク」したり「バッテリーが半日しか持たない」などはなく、どのスマホを使ってもある程度満足出来る時代になってきました。

おれ
おれ
性能はもう充分!頑丈でごついスマホが欲しい!

という皆様もいると思います。そんな方向けに外でもゴリゴリ使えるごついスマホ集めて見ました!

ごついスマホ【シムフリー版】

シムフリースマホとは、周波数があっていれば契約しているキャリア(携帯通信会社)に関係なく使うことが出来るスマホ。

日本のメーカーから出ているシムフリースマホは少ないですが、世界を見渡すと結構な種類があります。その中でも、ごつくてタフで頑丈なスマホを集めて見ました。

シムフリーのスマホであれば、格安simを使うことで月額数百円から維持出来るのでセカンドスマホとしても使えます。

【Unihertz社 Atom】世界最小4Gタフネススマホ

極小スマホ「jelly pro」でスマッシュヒットを記録したUnihertz社の最新作。ただ小さいだけではなく、タフネススマホとしても進化!

バッテリーも2000mAhになったので、メインスマホとしても使えますよ。

OSAndroid 8.1
サイズ45 ×96 ×18ミリ
ディスプレイサイズ2.45インチ
カメラ(イン・アウト)800万・1600万画素
重さ108グラム
USBtype-C
simサイズnano sim(DSDS)
CPUOcta Core 2GHz
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー2000mAh
対応バンド
ドコモ系・au系・ソフトバンク系回線
その他指紋認証・顔認証

Unihertz社はtwitterでも気軽にユーザーの意見を取り入れてくれる自由度の高いメーカー。

日本の通信キャリアに関しては全対応なので、ドコモ系・ソフトバンク系・au系の格安simでも使用可能ですよ!

おれ
おれ
ゴツくてタフで小さい!オトゴコロをくすぐるガジェット!値段も3万円を切る価格で手頃だぜ!
購入できる場所

追記:私も購入したのでレビュー記事も参考にしてくださいね。

手のひらスマホ「Unihertz Atom」を実際にレビュー。極小スマホでスマッシュヒットしたjelly proの後継機としてデビューしたAtom! 「防水」「防塵」「バッテリー容量の...

【キャタピラー社 CAT S41】重機メーカーが本気で作った現場最強スマホ

ブルドーザーやタンプなどを製造している「キャタピラー社」が制作した現場向け最強スマホ。

防水・防塵規格IP68と米軍用規格MIL-STD-810Gに対応しているタフネススマホは見た目もシンプルでプライベートでもスマートに使いこなせるデザイン。

OSAndroid 7.0
サイズ75×152×12.95ミリ
ディスプレイサイズ5インチ
カメラ(イン・アウト)800万・1300万画素
重さ220グラム
USBMicro-USB
simサイズnano sim
CPUOcta Core 2.3GHz
RAM3GB
ROM32GB
バッテリー5000mAh
対応バンド
ドコモ系・ソフトバンク系回線
その他手袋のまま操作可能
おれ
おれ
1.8メートルの高さからコンクリートに落とす落下試験もクリアしている頑丈さ!手袋を付けたままでも操作可能なモードも!
購入できる場所

【Ulefone社 Armor 2s】ゴリゴリごつい大画面タフネススマホ

THE男スマホ・THEタフネススマホ・THEアウトドアスマホなどなど、これぞ!という感じのタフネススマホ。

見るからに頑丈そうなこのスマホは、スペック的には高くないものの、価格もお手頃でアウトドア用など使い分け専用にもっていても良い1台。

OSAndroid 7.0
サイズ78.3 ×159 ×14.5ミリ
ディスプレイサイズ5インチ
カメラ(イン・アウト)500万・1300万画素
USBtype-C
simサイズnano sim(DSDS)
CPUOcta Core 1.5GHz
RAM2GB
ROM16GB
バッテリー4700mAh
その他指紋認証
おれ
おれ
見た目からして頑丈そうなこのスマホ!男らしいスマホが欲しいならおすすめだね!
購入できる場所

ごついスマホ【キャリア版】

以前はauからカシオ「G’zOneシリーズ」というGショックのスマホ版が出ていたんですが、残念ながらカシオは現在スマホ事業から撤退しています。

その代りに現在でもタフネススマホを製造しているのが京セラ。発売が1年半前になってしまうので、古いモデルになってしまいますが現在キャリアから発売されているごついスマホはこれだけ!

【KYOCERA社 TORQUE G03】auで買えるごついスマホ

今回紹介した中で、唯一の国産でキャリアから購入出来るスマホ。国産らしくお財布ケータイも標準装備しているので、ごつさは欲しいけど日常使いでも不便はしたくないユーザー向け。

OSAndroid 7.1
サイズ71×145×13.6ミリ
ディスプレイサイズ4.6インチ
カメラ(イン・アウト)200万・1300万画素
重さ198グラム
USBtype-C
simサイズnano sim
CPUOcta Core 3.2GHz
RAM3GB
ROM32GB
バッテリー2940mAh
対応バンドau回線
その他お財布ケータイ
おれ
おれ
ちょっと古いけど、大手キャリアで買いたいならこれ一択!
購入できる場所

【KYOCERA社 TORQUE G04】2019年8月下旬発売予定

まだ発売前のスマホですが、auから発売予定のKYOCERAのTORQUE G04!

TORQUE G03の進化バージョンです。TORQUE G03が発売から2年たってしまっているモデルなので、今ごついスマホが欲しい人はもうしばらく待った方ががいいかもしれません。

残念ながら現段階ではシムフリーモデルの発売予定はありません。欲しい場合にはauで購入する事になります。

OSAndroid 9
サイズ
73×150×13.4ミリ
ディスプレイサイズ
5インチ
カメラ(イン・アウト)
800万・2,400万画素
重さ203グラム
USBtype-C
simサイズnano sim
CPU
Snapdragon 660
2.2GHz/4コア+1.8GHz/4コア
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー
2940mAh(暫定値)
対応バンドau回線
その他未定

 

今回は、頑丈・タフネス・ごついスマホを集めてみました。シムフリーの場合には使用が変わったり、技適の対応・対応バンドなどの関係で日本国内で使えない場合もあるので購入時はもう一度よく確認してくださいね。

以上ごついスマホを集めてみました。

👉小さいスマホも集めてみたよ!こちらから