LG G8X ThinQレビュー!2画面スマホの魅力とは?

ソフトバンクから発売されていたLG製の2画面スマホ「LG G8X ThinQ」を今更ながらレビューしたいと思います。

このスマホの最大の利点は、他にはない画面が2つあるところ。既にソフトバンクから後継機の2画面スマホ「LG V60 ThinQ 5G」が発売されていますが、まだLG G8X ThinQも販売されているので、まだ持ってない人は今のうちに買ったほうが良いですよ!

おれのアイコン画像おれ
在庫ほぼないっぽいけどね・・・新品買えたらラッキーって感じかな

2画面スマホの魅力を紹介していきたいと思います。

おれのアイコン画像おれ
ハマったら普通のスマホに戻れなくなるね
目次

LG G8X ThinQの魅力とは?

まず最初にLG G8X ThinQの魅力をまとめて紹介すると

  1. 取り外し可能な2画面(デュアルスクリーン)スタイルのスマホ
  2. ワイヤレス充電・おサイフケータイ・防水防塵など全部入り
  3. 単体でもハイスペックなスマホ
  4. 値段が安い(5万円台)

過去にも2画面のスマホはありましたが、LG G8X ThinQの場合には2画面が取り外し可能で、使わない場合には普通のスマホとして使う事が出来ます。

日本人が求めるおサイフケータイや防水防塵などにも対応しているうえに、スペックも高く5万円台と破格の値段なスマートフォンです。

おれのアイコン画像おれ
2画面じゃなくても買う価値のあるスマホ!

LG G8X ThinQの同梱物は?

まずは、LG G8X ThinQに付いている同梱物から紹介していきたいと思います。

付属品は、TPUケース説明書・イヤホン・マグネット式の充電アダプター(デュアルスクリーン装着時の充電用)本体・デュアルスクリーン

▼同梱物はシンプルですが、一般的なスマホと大きく違うのがマグネット式の充電アダプターです。

▼ TPUのクリアケースが付いていますが、デュアルスクリーン装着時は使えず、本体のみで使う時用のケースになります。

▼本体単体でもスペックが高く使いやすいスマホ

▼これがデュアルスクリーン。簡単に取り外し出来るので必要ない時にはすぐに外しておけます。

LG G8X ThinQの本体チェック!

まずは特徴的なデュアルスクリーンを搭載したLG G8X ThinQの本体デザインからチェックしていきます!

▼正面から

▼背面から

▼これがデュアルスクリーン

▼本体の充電口にデュアルスクリーンを差し込むことで、2画面化する事が出来ます。

▼2画面化すると、充電口が塞がってしまうので先程のマグネット式充電アダプターを装着するとtype-Cケーブルを差し込んで充電することができるようになります。

 

 

LG G8X ThinQのスペック

LG G8X ThinQは2画面なのに5万円台で買えるスマホですが、スペックもかなり高くなっています。

おれのアイコン画像おれ
この価格帯でSnapdragon855というハイスペックSoCを搭載しているから、ゲームとかもサクサク動くよ!
スペック詳細
OSAndroid9.0
ディスプレイ
本体:約6.4インチ
LGデュアルスクリーン:約6.4インチ
サイズ
約164×166×15.0mm
(本体のみ:約76×160×8.4mm)
重量
約331g
(本体のみ:約193g)
バッテリー4,000mAh
充電
130分/ワイヤレス充電対応
リアカメラ
デュアルカメラ(約1200万画素+約1300万画素)
フロントカメラ約3200万画素
生体認証指紋認証
防水防塵性能IPX5 / IPX8
MIL-STD-810G
SoC(動作性能)
Qualcomm SM8150(オクタコア)2.9GHz+2.5GHz+1.7GHz
(SDM855)
RAM/ROM6GB/648GB
対応band
FDD-LTE Band 1/2/3/4/8/11/12/17/28
TD-LTE Band 38/39/40/41/42
WCDMA Band 1/2/4
GSM 850/9001800/1900MHz
その他
フルセグ/おサイフケータイ/ハイレゾなど

LG G8X ThinQのカメラ性能チェック

LG G8X ThinQに搭載されているカメラで実際に写真を撮影してみたので、何枚かお見せしたいと思います。

▼なんの設定もズームもせずに撮影した写真

▼最大ズーム。上の写真で中央に小さく写ってる2つの植木にズームしてみました。

▼夜景撮影。実際に見ているよりも明るく鮮明に撮影できている印象

▼食べ物の写真

LG G8X ThinQはカメラに力を入れているモデルとは言えませんが、普通に綺麗な写真が撮影出来ます。

LG G8X ThinQはゲームに便利!

LG G8X ThinQの最大の特徴である2画面は、ゲームをする時にも便利に使うことが出来ます。

2画面あるうちの本体側にコントローラーを表示する事が出来ます。コントローラーのタイプは4つ搭載されているので、ゲームに合わせてや自分の好みに合わせてコントローラーを選択する事が可能です。

▼ゲームに合わせてコントローラーを選べる

LG G8X ThinQの欠点は?

LG G8X ThinQを実際に使って不満に思うポイントをいくつか紹介したいと思います。

まず1点目が当然なんですが、重いです。2画面付いているのでこれ機種を欲しいと思う人は当然分かっていると思いますが、実際に使うと色々な場面で重さを感じます。

▼デュアルスクリーンを付けた状態での実測重量は335グラム。これは普通のスマホの2倍程度の重さ

▼私が持っているタブレットのiPad mini5よりも重い・・・。

おれのアイコン画像おれ
ポケットに入れているとズボンも下がるレベル!

もう1点はワイドモードと言われる全画面モードを使う時、これも当然なんですが2画面を1つの画面として使うモードなので、つなぎ目が邪魔になります。

▼画面は広く見れますが、快適に見れる・・・とは決して言えません。

▼やはり快適に2画面を活かせるのは、それぞれの画面に別のアプリを開いた時

スマホでゲーム中などにLINEのやるとりのために画面を入れ替える必要がなく、LINEでやり取りをしながらゲームを続けるような同時進行が可能!

2画面スマホLG G8X ThinQまとめ

スマホは年々値上がりしており、ハイエンドのスマホになると余裕の10万円超えも当たり前ですが、LG G8X ThinQに関してはハイエンドクラス(ミドルハイエンド位?)なのに5万円と格安!

LG製でハイスペックなLG G8X ThinQが5万円台で販売したのは、現在ソフトバンクから販売されている後継機の「LG V60 ThinQ 5G」への誘い水だったんでしょう。

LG V60 ThinQ 5Gはソフトバンクで14万円弱という高額な端末ですが、一度2画面の魅力にハマってしまうと中々抜けられなくなりますよ。

私がLG G8X ThinQを購入した時に利用した「ウチモバ」という自宅で店員さんに相談しながらスマホを買えるサービスは、ショップに行かずにスマホを買えるので今の時代にはおすすめです。

あわせて読みたい
【ウチモバ】待ち時間無しでスマホが買える!実際に利用したので流れを解説
【ウチモバ】待ち時間無しでスマホが買える!実際に利用したので流れを解説スマホを購入するのはショップに出かけて買うのが一般的ですが、ショップに行かずにスマホが買える新しいサービス「ウチモバ」がはじまりました。 携帯ショップの営業...

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる