スマホ

Tver視聴のデータ通信量と節約方法は?検証してみた。

見逃したテレビドラマなどがスマホで見れるTverは便利ですが、スマホでの動画視聴はデータ通信量が心配。実際にTverアプリで視聴した時のデータ通信量を検証してみました。

Tver視聴時のデータ通信量

おれ
おれ
Tverには自動モードと低画質モードの2種類があるんだ!

Tverをスマホで視聴する時にには、自動モードと低画質モードの2種類があります。それぞれどのくらいのデータ通信量を消費するか検証してみました。

※スマホのモバイル通信で検証しています。

①自動モードで視聴した場合のデータ通信量

自動モードで10分間Tverを視聴した場合のデータ通信量は【156MB】

視聴時間 データ通信量
10分 157MB
30分 314MB
60分 942MB
2時間 1884MB(1.884GB)
5時間 4710MB(4.71GB)
おれ
おれ
自動モードはかなり綺麗な画質で見れるけど、データ通信量が結構かかっちゃうね。

②低画質モードで視聴した場合のデータ通信量

低画質モードで10分間Tverを視聴した場合のデータ通信量は【91MB】

視聴時間 データ通信量
10分 91MB
30分 182MB
60分 546MB
2時間 1,092MB【1.092GB】
5時間 2,730MB【2.73GB】
おれ
おれ
自動モードに比べて当然データ通信量は少ないけど、2時間みたら1GB越えるのはなかなかだね。

Tverの視聴時にデータ通信量を節約する方法は?

実験の結果、Tverを見るなら低画質モードの方がデータ通信量が節約出来る事はわかりましたが、2時間で1GBを越えてしまうので毎日2時間見たとしても1ヶ月で約30GBもデータ通信量を消費してしまいます。もっとデータ通信量を節約する方法はあるでしょうか?

他の動画配信アプリでは、あらかじめWiFi環境のある場所でダウンロードする機能が付いている物もありますが、Tverはダウンロードする事が出来ません。なんらかの方法でダウンロードをする場合でも、Tverの利用規約に違反する可能性があり、法律に違反する可能性があります。

①Free WiFiを利用してTverを視聴する

カフェやコンビニ、駅などの公共機関には誰でも使えるFree WiFiがある場所があるので、Free WiFiスポットを利用すれば、データ通信量を気にせずTverの視聴をする事が出来ます。

注意点としては、Free WiFiスポットから離れるとWiFiが使えなくなるので、移動中にTverなどが見たい場合にはFree WiFiスポットを利用することは当然出来ません。

②持ち運べるポケットWiFiを利用する

スマホのデータ通信は非常に高額なので、スマホのデータ通信量が多い契約をするのであれば、データ通信が無制限に使えるポケットWiFiがおすすめです。

ドコモなどの大手携帯会社の場合には、月に20ギガの契約でも7,000円のデータ通信料金が必要になりますが、ポケットWiFiであれば4,000円弱で使い放題にする事が可能です。

スマホ以外にも、パソコンや携帯ゲーム機のオンラインゲームなどを外でする事も可能なので、スマホのデータ通信契約を一番安いプランにしてポケットWiFiと併用するのがコスパ的にもメリットがあると思います。

使い放題ポケットWiFiおすすめはこれ!毎月の固定費も安くなる!無制限にデータ通信が使い放題のポケットWiFiでも、月額料金・通信速度など重視するポイントによって色々な会社から様々なサービスが提供され...
おれ
おれ
Tverは見逃したテレビ番組も視聴できるから便利だけど、思ったよりもデータ通信量がかかる。外で見たい場合にはWiFiをうまく使ってデータ通信量の節約をしよう!