スマホ

通勤中におすすめ!データ消費なしでYouTubeが見放題な2つの方法

首都園の会社員の平均通勤時間は1時間前後と言われていますが、通勤中の電車内を見ると、YouTubeなどの動画を見ている人も多くいます。

月末になると「スマホがデータ制限されてる」なんて同僚もいますが、YouTubeをいくらみてもデータ消費しない方法があるので、今日は紹介したいと思います。

動画・音楽の配信サービスが見放題になる格安sim

使った事はなくても「格安sim」を聞いたことがある人は多いと思います。格安simのイメージと言えば名前のとおり「よくわからないけど月額料金が安いんでしょ?」くらいに考えている人は多いと思います。

もちろん、ドコモやau、ソフトバンクと比べると月額の料金が安くなるんですが、最近の格安simはそれだけではありません。

大手の携帯会社がドコモ・au・ソフトバンクの3社だけなのに対して、900社以上あると言われている格安simは熾烈なサービス合戦が行われています。

その中でも今1番おすすめなのが「BIGLOBEモバイル」です。大手のネットワークサービス業者である「BIGLOBE」が運営している格安simです。

BIGLOBEモバイルがオススメな理由として特定のサービスに対してデータ消費しない「エンタメフリー」というオプションがあるからです。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーとは?

特定のアプリやサービスに対してデータ消費しない事を「カウントフリー」といいますが、BIGLOBEモバイルでは「エンタメフリー」という名称を使っています。

エンタメフリーは月額の料金にプラスして480円のオプション料金を払うと、以下の動画や音楽配信アプリのデータ消費量が0になるんです。

動画サービス

  • YouTube
  • AmebaTV
  • U-NEXT
  • YouTubekids

音楽配信サービス

  • Google Play Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • AmazonMusic
  • らじる★らじる
  • LINE Music

コミュニケーションアプリ

  • Facebook Messenger

この中の一つくらいは使っているサービスがあるんではないでしょうか?YouTube見たことないって人は少ないと思います。

つまりBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションに入れば、ずーーーとYouTubeを流しっぱなしにしてもデータ消費しない!ということです。

通勤中にYouTube見放題でも月末にデータ制限になる事もないし、気にする必要もありません。

BIGLOBEモバイルの料金プランは?

BIGLOBEモバイルの料金プランは、非常にシンプルで1GBから30GBまでの6つのプランです。それにエンタメフリーが480円プラスかかるということです。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

データ容量 音声通話 データ+SMS データ
1GB 1,400円
3GB 1,600円 1,020円 900円
6GB 2,150円 1,570円 1,450円
12GB 3,400円 2,820円 2,700円
20GB 5,200円 4,620円 4,500円
30GB 7,450円 6,870円 6,750円

注意点としては、エンタメフリーオプションを利用する場合には、3GB以上のデータ容量のプランを契約しなければダメな点と、データプランで契約する場合にはエンタメフリーのオプション料金が980円になってしまう点です。

音声通話の3GBプランにエンタメフリーオプションを付けると月額2,080円

データsim3GBプランにエンタメフリーオプションを付けると月額1,880円

BIGLOBEモバイルでエンタメフリーオプションを利用する場合には、最低でも月額1,880円が必要になってくるという事ですね。

データ専用のデータsimは電話が出来ないので、サブ回線として契約する場合には良いですが、BIGLOBEモバイルは音声通話も出来るのでメイン回線としても利用可能です。

現在ドコモなどの大手携帯会社と契約しているのであれば、月の携帯代が確実に安くなるので、メイン回線としても乗り換えがおすすめです。

BIGLOBEモバイル公式ページ

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー。通勤が楽しくなります↓

【実測】BIGLOBEモバイル。朝の通勤時間帯に速度を計測してみた!楽天モバイルからBIGLOBEモバイルに乗り換えて1週間。東京都町田市へ用事があったので、BIGLOBEモバイルタイプD(ドコモ回線)の...

ポケットWiFiならなんでも見放題

ポケットWiFiとは、WiFiを出す端末を持ち歩くことで外でもインターネットに接続出来る機械の事です。

先程紹介したBIGLOBEモバイルよりも月額料金はかかってしまいますが、特定のサービスに限定されるわけでは無く、インターネットが使い放題になるのが利点です。

ポケットWiFiのおすすめポイント

  • インターネットが使い放題
  • どんな機械でもインターネットに接続出来る
  • 家のインターネットとしても利用可能

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーの場合には、特定のサービスに限定されていますがポケットWi-Fiならどんな事をしても大丈夫。

一人暮らしで家にインターネット回線がない人なら、自宅の固定インターネット回線の代わりとしても使えるのでおすすめです。

ポケットWiFiでおすすめは?

ポケットWiFiは色々な会社から出ていますが、現在おすすめなのは「どんなときもWiFi」です。

ドコモ・au・ソフトバンクの4G/LTE回線(スマホが使ってるのと同じ電波)を借り受けて、その場所場所で最適な電波を自動選択してくれるすぐれものです。

他にもオススメできるポイントが多くあるので、詳しく紹介していきます。

どんなときもWiFiの強みと料金は?

どんなときもWiFiの月額料金は3,480円です。4G/LTE回線を使ったポケットWiFiの中では最安クラスの月額料金になります。

さらにどんなときもWiFiには他にない強みがいくつもあります。

  1. データ通信無制限
  2. ドコモ・au・ソフトバンクの電波を使える
  3. 世界107国でそのまま利用可能
  4. 無制限ポケットWiFiで最安クラスの3,480円
  5. クレジットカード・口座振替に対応

 

どんなときもWiFi 公式ページでもチェック

ポケットWiFiには有名なWiMAXもありますが、WiMAXは地下に弱かったり、移動中の使用に弱かったりと、色々と弱点があるので通勤中の使用には向いていません。

通勤中の利用を考えているのであれば、4G/LTE回線を使ったポケットWiFiがおすすめです。

👉【ポケットWiFi】どこでも使えておすすめなのはこれ!

まとめ

料金で言えば、断然BIGLOBEモバイルの格安simが安いですが、対応サービスが限定されているので、エンタメフリーオプション対応のサービスがほとんど人にとっては良いと思います。

ポケットWiFiはそういった制限もなく自宅のインターネットとしても使うことが出来るので、月額料金が高いですがコスパは決して悪くないと思います。

自分の生活スタイルに合わせて選択するのが良いと思いますよ!