スマホ

【検証】DAZNのデータ通信量はどのくらい?通信制限を気にせず見る方法は?

スポーツ特化型のストリーミングサービスのDAZNですが、コパ・アメリカの独占放送やJリーグ・プロ野球 ・海外スポーツなど、今まで気軽に見ることが出来なかったコンテンツをスマホ1台で見れるのはスポーツ好きにはたまらないサービスですよね。

しかし、DAZNは他のストリーミングサービスと比べてもデータ通信量が多く、WiFi環境がない場所で視聴するとあっという間にデータ量を消費してしまいます。

今日は、実際にDAZNをスマホで見た場合のデータ通信量と、データ量を節約するデータセーブモードを検証しつつ、データ通信量を気にせず見る方法を紹介して行きたいと思います。

DAZNのデータ通信量はどくらいか検証

DAZNをスマホで視聴する時には、2つの画質から選択する事が出来ます。DAZNは標準で設定されているHDの高画質モードと、データセーブ機能をオンにした時の標準画質モードの2つです。

視聴するコンテンツや視聴する時の環境によってデータ通信量は違うので注意して下さい。あくまでも私がスマホのデータ通信でDAZNを視聴した時のデータ通信量になります。

おれ
おれ
ドコモの4G/LTEのモバイルデータ通信で視聴しています。

DAZN通常モード(高画質)のデータ通信量

まずは、何も設定をせずにDAZNを見た時のデータ通信量を計測してみました。何も設定していない時は、HDの高画質モードでの視聴になるのでデータ通信量も多くなる事が予想されます。

DAZNの視聴に使っているのは画面サイズが5.8インチのGalaxy s9ですが、サッカーを見てもボールの動きまでキレイに見えます。

おれ
おれ
小さなスマホの画面でもまったくストレス無くサッカーが見れる画質
通常モード(HD/高画質)1080p
1回目220MB/10分1,320MB/1時間
2回目256MB/10分1,536MB/1時間
3回目233MB/10分1,398MB/1時間
平均236MB/10分1,418MB/1時間

平均値を知りたいので、3回ほどテストしてみた結果10分で236MB、1時間視聴した場合には1,418MBのデータ通信量を消費しました。

スマホのデータ契約容量にもよりますが、サッカーの試合が90分なので1試合フルで視聴した場合には2GB以上のデータ通信量がかかる計算になります。

 

DAZNのデータ通信を節約するには?

DAZNには、モバイル通信時にデータ通信量を節約するためのデータセーブモードが用意されています。

データセーブモードはモバイル通信で視聴時に画質を下げる事でデータ通信量を削減するモードですが、通常モードの高画質視聴とどのくらいの差があるのでしょうか?

データセーブモードの設定方法

①メニューバーの設定をタップ

②3G/4G/LTEの通信量を節約のタブをタッチ

データセーブモードと言っても720pの標準画質なので、視聴するのが耐えきれないほど画質が悪いわけではありませんが、サッカーや野球などの球技の場合にはボールの行方がしっかりと見えないと面白くないので、高画質に比べると若干のストレスは感じます。

気になるデータ通信量はと言うと・・・・。

データセーブモード(標準画質)720p
1回目53MB/10分318MB/1時間
2回目53MB/10分318MB/1時間
3回目55MB/10分330MB/1時間
平均54MB/10分322MB/1時間

通常モードの高画質に比べると5分の1程度にまで節約する事が出来ました!1時間で322MBなのであれば、月に10時間見ても3GB程度と実用的なデータ通信量になりました。

視聴に耐えないレベルではないですが、人によっては若干ストレスを感じてしまう画質なので、WiFi環境が無く月のデータ通信量を安く抑えたい人向けと言った所でしょうか

 DAZNのデータ通信量を気にせず見る方法は?

WiFi環境であればデータ通信量を気にせず視聴する事が可能ですが、外出時のモバイル通信の場合には、気を付けて置かないとあっという間に契約データ容量をオーバーして通信速度制限になりかねません。

おれ
おれ
データ通信容量を気にせずDAZNを視聴する方法を紹介していくよ

DAZNのダウンロード機能とは?

DAZNに限らず、ストリーミングサービスと言われる動画配信サイトの場合には、外出時にデータ通信を行わずに視聴出来るダウンロードサービスを実装している物も多くあります。

例えば自宅にWiFi環境がある場合には、自宅で事前にダウンロードする事で外で視聴する時にデータ通信を消費せず見る事が出来ます。

しかし・・・・DAZNではダウンロードサービスを開始予定と噂が流れていたんですが、現時点でもイマイチ良く分からない状態になっています。

公式サイトではダウンロード機能に対応してないと名言しているんですが、一部試験配信をおこなっているよで、私がDAZNのアプリを入れている2台のスマホの場合には、1台がダウンロード機能有り、もう一台がダウンロード機能無しなので、実験中って感じなのでしょう。

Twitter上でも出来る人と出来ない人が混在している感じですね・・・・。

 

おれ
おれ
でも、映画やドラマのストリーミングサービスと違って、DAZNはスポーツ専門だからダウンロードして見るよりも、ライブで見たい人が多いんじゃないかな?
 ビワごん
ビワごん
僕もスポーツは生放送でみたい派

現状ではダウンロード機能が使えるか使えないかも運要素があるようなので、完全実装されるのを待つしかない状態です。

DAZNがカウントフリー対象の携帯会社は無い?

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+やBIGLOBEモバイルのエンタメフリーなど、特定のアプリ・サービスのデータ通信量がかからないサービスの事をカウントフリーと言いますが、現状DAZNがカウントフリー対象になっている携帯会社はありません。

ちなみに私が使っている格安simがBIGLOBEモバイルなんですが、BIGLOBEモバイル含め、格安simは大手の携帯会社に比べて通信速度が遅い弱点があります。

試しにDAZNをデータセーブモードにしないで視聴したところ、通信速度が遅いため強制的に標準画質モードで再生されてしまいました・・・。

格安simでDAZNの高画質モードを見たい人は見れない可能性もあるので注意してくださいね。

データ通信量を気にしないでDAZNを見るならポケットWiFi

月額料金は3,000円ちょっとかかってしまいますが、ポケットWiFiを契約すれば家の中でも外でもデータ通信量を気にせずDAZNを楽しむことが出来ます。

例えば、通常モードの高画質でサッカーの試合を観た場合には2GB以上のデータ通信量がかかるので、月に10試合みたら単純に20GBのデータ通信量が消費される計算になります。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社の場合には20GBのデータ通信で月額6,000円になるので、ポケットWiFiを契約すれば半額程度に収まる計算になります。

今一番おすすめのポケットWiFiが「どんなときもWiFi」です。ドコモ・au・ソフトバンクの電波を借り受けてサービス提供しているポケットWiFi

場所によって一番最適な電波を自動で選択してくれるので、使えるエリアが広く、スマホが使える場所であれば基本的に使える優れものです。

  1. 世界107カ国でそのまま使える
  2. 月額3,480円
  3. エリアが広くどこでも使える
  4. データ通信無制限

👉どんなときもWiFi公式サイトもチェック

DAZN通信データ量 まとめ

DAZNはスポーツ好きにはたまらないストリーミングサービスですが、データ通信量が多く、スマホのモバイル通信で使うとデータ通信量を気にしながら視聴しなければなりません。

コパ・アメリカ独占放送など、お金を払ってでも視聴したい魅力的なコンテンツがあるサービスなので、データ通信量を気にしていたら全力で楽しむ事は難しいと思います!

結論的には、現時点でDAZNをフルに楽しむにはポケットWiFiが一番おすすめです。