限界突破WiFiのメリットは?他社と比較して優れてる3ポイント

限界突破してしまった氷川きよしがイメージキャラクターを勤めているポケットWiFi「限界突破WiFi」は大手3キャリアのドコモ・ソフトバンク・au電波を無制限に使う事が出来るのが特徴です。

限界突破WiFiという商品名の限界突破とは何のことを言っているかというと、5つのポイントがあります。

限界突破ポイント

  1. ドコモ・au・ソフトバンクの電波が使えるトリプルキャリア対応
  2. 通信量無制限
  3. 初期費用無料・月額3,500円と格安の月額料金
  4. 外国107カ国でもそのまま使える
  5. ポケットWiFiなのに、地図を見たり翻訳機能が付いている

 

 

以上の限界突破ポイントを分かりやすく、他社のポケットWiFiに比べて限界突破WiFiのメリット・デメリットを説明していきます。

目次

トリプルキャリアに対応!ドコモ・au・ソフトバンク

ポケットWiFiでドコモの電波?ソフトバンクの電波?と思うかもしれませんが、限界突破WiFiの会社は独自の電波を使っているワケではありません。

日本のポケットWiFiは大きく分けると独自の電波を使ったWiMAXと、限界突破WiFiも使用しているドコモ・au・ソフトバンクの4G/LTE回線の電波を使ったポケットWiFiの2つに別れます。

WiMAXは一番有名なポケットWiFiかも知れませんが、地下や建物の中など障害物が多い場所では電波が届きにくいデメリットがあり、どこでも使える事を考えるなら4G/LTE回線の方が確実に安心です。

WiMAXより4G/LTE回線を使ったポケットWiFiがおすすめですが、4G/LTE回線を使っていても、トリプルキャリア対応ではなく1つの会社の電波しか使ってない場合には、そこの会社の電波が届かないエリアでは使うことが出来ません。

限界突破WiFiの場合にはトリプルキャリア対応のポケットWiFiなので、例えばドコモの電波が届かない場所ではソフトバンク・ソフトバンクの電波が届かない場所ではauの電波。と大手3社の電波の中で一番快適に使える電波を自動的に選択してくれるので、どこでも快適に使うことが出来ます。

おれのアイコン画像おれ
限界突破WiFiが使えないエリアなら、他のポケットWiFiも厳しいって事

通信量無制限!3日10GBなどの制限も無し!

通信量無制限に使える事をアピールしているポケットWiFiは多くありますが、実際には全然無制限ではなく、1日3GB・3日10GBなどの通信容量制限を設けている所も多くあります。

おれのアイコン画像おれ
WiMAXも3日で10GB越えたら翌日は通信制限されるからね

限界突破WiFiの場合には、1日単位の通信制限も1月単位の通信制限もなく無制限のデータ通信が可能なので、沢山データ通信をしたい人でも通信制限にかかる事なく安心して使うことが出来ます。

おれのアイコン画像おれ
一人暮らしなんかの人なら、自宅の固定回線代わりで使っても良いかもね

限界突破WiFiは初期費用無料!月額3,500円のみ

限界突破WiFiの月額料金は3,500円になっていますが、3,500円が高いのか安いのかわからない人も居るとおもいます。

ドコモのデータ通信量が多く使えるプランの「ギガホ」で、家族割などの割引対象ではない場合には、30GBで月額6,980円の料金が必要になります。

その点限界突破WiFiの場合には、データ無制限で月額3,500円で使えるので、圧倒的に限界突破WiFiを使ったほうがコスパが良い事は一目瞭然です。

もちろん限界突破WiFiはポケットWiFiなので、通話などは出来ませんが、スマホをドコモで契約した場合でも、ギガライトの1GBまでなら2,980円なので、限界突破WiFiと合わせても月額6,480円になるので、30GBのギガホを契約するよりもお得に無制限に使うことができます。

限界突破WiFiは海外107国でもそのまま使える

これは海外へ出かける事が多い人にとっては大きなメリットですが、限界突破WiFiは良く別な契約をする必要もなく海外でもそのまま利用する事が出来ます。

海外に行く時だけレンタルする事が出来るポケットWiFiもありますが、その都度レンタルをしなければイケないので手間がかかりますが、限界突破WiFiの場合にはそのまま持っていくことが可能です。

残念ながら、海外で利用するのも月額3,500円に含まれているかというと、別料金がかかってしまします。

別料金はかかってしまいますが、レンタルする必要もなく普段使っているポケットWiFiをそのまま持っていけるので、海外でも利用したい人にも便利なポケットWiFiです。

おれのアイコン画像おれ
世界中どこでもってワケではないけど、107カ国に対応しているよ

 

限界突破WiFiが使える国を公式ページで確認する

 

ポケットWiFiなのに、地図を見たり翻訳機能も

限界突破WiFiが他社と比べて一番違うポイントと言って良いのは、ポケットWiFiの端末にあります。

実は限界突破WiFiが使っている端末は、もともと「jetfon P6」というスマホをベースに作られたポケットWiFi端末です。なので5.7インチの画面が付いており、地図をみたり翻訳をしたりする事が出来ます。

ポケットWiFiの端末は電源を付けっぱなしで10時間を超えれば優秀と言えますが、限界突破WiFiの場合には最大15時間の連続使用が可能と書かれています。

おれのアイコン画像おれ
Twitterみたら、実際に試してる人が居て約10時間の使用で49%だったみたい。15時間以上持ちそうだね

 

おれのアイコン画像おれ
ちなみに同時に接続できる機器は最大で8台までだよ!

限界突破WiFiの契約期間と料金。支払い方法を確認!

ポケットWiFiでよくあるのが最初の3ヶ月だけ安い月額料金だったり、2年経つと料金があがったりと、安く見せるために月額料金が変わる事がよくあります。

限界突破WiFiは初期費用0円、月額3,500円のみで使えるポケットWiFiですが、何年使っても月額料金がかわる事なく月額3,500円のままで使うことが出来ます。

更に、ポケットWiFi端末は無料なので分割費用などもなく、解約後に返却も買取も必要ありません。

  • 初期費用は0円
  • 月額料金は永年変わらず3,500円
  • 契約期間は2年間(2年以内の契約解除料金は18,000円)
  • 2年間の契約満了後は1年契約の更新(契約解除料金5,000円)
  • ポケットWiFi端末は無料で貰える(2020年1月現在)
  • 支払い方法はクレジットカードのみ

初期費用も0円で、ポケットWiFi端末も0円。かかる費用は月額3,500円だけと、複雑なポケットWiFi業界の中では圧倒的に分かりやすい親切な料金プランが限界突破WiFiの特徴。

ただし、支払い方法に関してはクレジットカードのみで、口座振替などに対応していないのでクレジットカードを持っていない人は契約できません。

限界突破WiFiを使うべき人とは?

限界突破WiFiは、限界突破と言っている通り他のポケットWiFiに比べて特徴的なプランを提供しています。

単純にポケットWiFiと言っても、使えるエリアや月額料金などは色々あるので同じとは言えません。ずばり限界突破WiFiが向いている人とは?

限界突破WiFiが向いている人とは?

  • 建物の中や、地下でも快適に使いたい人
  • 海外出張(旅行)が多い人
  • 1日充電しなくても使えるポケットWiFiが欲しい人
  • 全国どこでも繋がるポケットWiFiが欲しい人
  • 自宅の固定回線代わりなど、大量のデータ通信がしたい人

 

以上のような人であれば、他社のポケットWiFiに比べて限界突破WiFiを契約するメリットは絶対にあると思います。

おれのアイコン画像おれ
端末無料なのは公式ページでも【今なら】と書いてあるので、今後有料化する可能性はあります。契約するのであれば早めがお得

限界突破WiFi 公式ページをチェック

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる