一人暮らしのインターネットはどうする?場面別おすすめのネット回線!

一人暮らしでインターネットを契約しようと思ってる人の悩みは多くあると思います。

・工事の日程調整ってどのくらいかかる?
・引っ越しする時は解約違約金がかかる?
・工事不要ですぐに使えるインターネットはない?

インターネット回線と言っても、固定回線(光回線)・ポケットWiFi・置くだけWiFiなど色々と種類があります。同じインターネットですが、それぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあるので誰にでも分かりやすく説明していきたいと思います。

目次

インターネットの種類と特徴

自分がインターネットに繋いで何をしたいかにもよって選び方が変わるからね!

インターネットの種類

ポケットWiFi・・・・データ通信専用の端末を持ち歩くことで、家の中でも外でもWiFiに接続する事ができるインターネット回線。

固定回線(光回線)・・・・工事が必要で、自宅のみで使うことが出来るインターネット。一番通信速度が速く、使えるデータ量の制限もありません。

置くだけWiFi・・・・基本的にはポケットWiFiと同じ通信方法。コンセントに挿すだけで使えるタイプで、ポケットWiFiに比べて通信速度・安定性が良い

【ポケットWiFi】自宅でも外でもどこでも使えるインターネット

手軽にネット環境が欲しいと考えた場合に、一番おすすめなのはポケットWiFiです。

最短で即日発送に対応している会社も多く、早ければ申し込んだ翌日から使うことができます。面倒な開通工事なども必要なく、届いたら電源を入れるだけで簡単に使うことができる気軽さが人気です

ポケットWiFiのメリット!

・最短即日発送・翌日から即使用可能
・電源を入れればすぐにインターネット(WiFi)接続
・家の中でも外でも、いつでもWiFi
・データ通信料金がスマホよりもお得

即日発送ですぐに使える

ポケットWiFiは、ネット上で簡単に申込みが可能で最短即日の発送に対応している会社も多く、早ければ翌日から使用できるので速くネット環境を整えたい人にはおすすめです。

電源を入れるだけで使える

ポケットWiFiは面倒な開通工事などが必要ありません。送られて来たポケットWiFi端末の電源を入れるだけですぐに使うことができます。

家の中でも外でも!持ち歩ける!

ポケットWiFiは、その名前の通りポケットにも入れて持ち歩けるコンパクトなサイズが特徴で、光回線などの固定インターネット回線に比べて、どこでも好きな場所で使うことが出来るのが大きな違いです。

データ通信量が安い

ポケットWiFiのデータ通信がどのように行われているかというと、基本的にはスマホと同じでドコモ・ソフトバンク・auの電波を使っているモバイル回線になります。

ポケットWiFiのサービスは会社によって20GBや50GB、200GBなど使えるギガ数が違いますが、データ通信料金はスマホに比べると格段に安くなります。

↓ちなみに大手各社のデータ通信プランは以下になります。かけ放題などが入っていない基本の状態の料金です。ポケットWiFiは100GBでも3,000円台で使うことが出来るので、コスパの良さがわかると思います。

ドコモソフトバンクau
プラン名ギガホメリハリプラン
auデータMAXプランPro
データ容量30GB50GB30GB
月額料金6,980円7,480円7,480円

外に行く時もポケットWiFiを持ち歩けば、スマホのデータ通信もポケットWiFiでできるので、スマホのパケットを使う必要がなく、スマホの月額料金が節約することもできます。

ポケットWiFiのデメリットは?

・固定インターネット回線に比べると通信速度・安定性が悪い
・同時に接続出来る端末台数が少ない(5台〜)
・データ通信が無制限に使える訳ではない

通信速度。安定性が悪い

あくまでも固定インターネット回線に比べてですが、ポケットWiFiは通信速度・安定性が劣ります。自宅まで通信ケーブルが来ている固定回線に比べて、電波塔から電波を受信してデータ通信を行うポケットWiFiは、電波塔からの距離や障害物の有無に影響を受けやすくなります。

同時接続台数が少ない

ポケットWiFi端末もいろいろな種類があるので、一概には言えませんが同時に接続できる台数が少ないのもポケットWiFiのデメリットです。最大同時接続台数が5台という端末もあるので、パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機など色々な機器を接続したい場合には、足りないと感じる人もいるかもしれません。

データ通信無制限のポケットWiFiは無い

ポケットWiFiは、固定回線のようにデータ通信が無制限に出来るわけではありません。ポケットWiFiの中には「データ通信無制限」「使い放題」と言っているところもありますが、実際には3日10GBまでの制限や、使いすぎた場合はデータ通信制限が行われます。

▼どこのポケットWiFiでもこの様な記載があり、異常な通信量がどのくらいなのかは教えてもらうことができません。

契約者数とかによって変わるかもしれないけど、100GB以下で通線制限になることはほぼないと思うけど・・・。

使い放題と言っているポケットWiFiの場合、そのくらいのデータ通信量を使うと制限されるかは明記されていないので、注意が必要です。最初から100GBプラン・200GBプランと表示されている方が確実にそのデータ通信量を使うことができるので安心です。

ポケットWiFiおすすめな人は?

ポケットWiFiがおすすめな人
  • 工事無しでインターネットを使いたい人
  • なるべく早くインターネットを使いたい人
  • 家の外でもWiFiを使いたい人
  • インターネット(データ通信)の月額料金を安くしたい人

これらの条件の中に当てはまる人の場合には、ポケットWiFiを契約すれば満足できると思います。

先程あげたポケットWiFiのデメリットにしても、固定のインターネット回線と比較した場合というだけでデータ通信速度も安定性も極端に悪いということはありません。

実際に、動画を見たりZOOMやLINEビデオ通話なども快適にすることができるし、私はポケットWiFiでプレステーションのオンラインゲームをやっていますが、プレイに支障が出るような場面はほぼありません。

データ通信量にしても100GBあればほとんどの人が問題なく使えるのではないでしょうか?例えばYou Tubeを720pの高画質で見た場合でも1時間あたり1GB程度なので、毎日3時間見たとしても月に100GB行きません。

おすすめのポケットWiFiは?

ポケットWiFiと言ってもいろいろな会社からサービス提供されており、選ぶのが難しいと思います。いろいろなポケットWiFiを使っている私が現時点でおすすめできるポケットWiFiベスト3を紹介したいと思います。

どこよりもWiFi 月額料金最安級!

どこよりもWiFiは月に100GBまで使うことが出来るポケットWiFi。100GBまでの間であれば3日で10GBなど制限はなく、使う人使わない日の差があっても大丈夫。

どこよりもWiFiは、ドコモ・ソフトバンク・auの電波を利用したクラウドSIMというシステムを採用しているので、その場所場所に合わせて3社の中から快適に使える電波を自動的に選んで通信を行ってくれます。

100GBまでのプランと20GBまでのプランがあり、契約期間は2年間になっていますが、契約期間が無いプランも用意されており「しばりなしプラン」を選べば月額料金が割高になりますが、20GBと50GBのデータ容量プランが選ぶことが可能です。

初期費用3,000円
データ容量20・50・100GB
月額料金2,480円〜
使用電波ソフトバンク・au・ドコモ 4G/LTEエリア
契約期間有り・無しプランあり
解約違約金9,500円
使用端末U3/U2s/JT101
発送最短翌日発送
支払い方法クレジットカード

【2位】hi-ho Let’s Wi-Fi 月に200GBまでの大容量プラン

hi-ho Let’s Wi-FiはポケットWiFiの中でも大容量の200GBプランがある貴重なポケットWiFiです。どこよりもWiFiと同じ様にドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアが使えるクラウドSIMタイプのポケットWiFiなので、場所を選ばずに快適に使うことができます。

月額料金は4,300円になりますが、200GBまで使えるのは他のポケットWiFiにない特徴なので、データ通信量が多い人にはおすすめのポケットWiFiです。

注意点としては、1日7GB以上使うと翌々日のデータ通信速度が128Kbpsに制限されてしまう点。1日に大容量のデータ通信量は使わないけど毎日コンスタントにデータ通信を使うような人であれば問題ありませんが、土日など休日に大量のデータ通信を行いたいような人にはおすすめできません。

初期費用3,000円
データ容量200GB(1日7GB)
月額料金4,300円
使用電波ソフトバンク・au・ドコモ
契約期間2年
解約違約金1ヶ月目〜18,000円
12ヶ月目〜9,500円
使用端末U2s
発送最短翌日発送
支払い方法クレジットカード

【光回線】快適に使いたいなら固定回線が最強

光回線(固定インターネット回線)は、工事が必要なので手間はかかりますが、自宅のインターネット環境を整える上では最強のインターネットに間違いありません。

固定回線のメリットはなんと言っても通信速度・安定性が一番高いこと!テレワークでビデオ会議が頻繁にあるような人は、いつでも快適な光回線がおすすめ!

光回線のメリット

・通信速度が速い
・通信安定性が高い
・データ通信量が無制限に使える

通信速度が速い

光回線は、ポケットWiFiと比べるとそもそも電波が届く仕組みが違います。ポケットWiFiは電波塔から無線電波を受信しているのに対して、光回線の場合は自宅まで光ファイバーというケーブルが引かれているので、通信速度はポケットWiFiと比べて数倍〜数十倍の差があります。

動画を見たりするだけなら、ポケットWiFiでも余裕ですが大きな容量のデータをダウンロードする時などは、明らかに光回線のほうが早くダウンロードできます。

通信安定性が高い

ポケットWiFiも使えないレベルまで遅くなることは少ないですが、モバイル回線を利用しているため朝の通勤時間帯や昼休みの時間帯など、多くの人が一斉にデータ通信をする時間帯は、どうしても回線状況が混雑し通信速度が遅くなります。

光回線は、先程も言ったとおり光ファイバーを使ってインターネットに接続しているにで、混雑時間帯などの影響を受けにくく、常に安定した通信が可能になります。

データ通信無制限

光回線は、ポケットWiFiのように決まった容量はなく、データ通信が無制限・使い放題なインターネット回線です。例えば、家にいる間はYou Tubeや、DAZNなど動画配信サービスを流したままにするような人の場合、ポケットWiFiではデータ容量が足りなくなる可能性があります。

私はDAZNをよく利用しますが、他の動画視聴サービスに比べてデータ消費量が多く、1時間で3GB前後のデータを消費します。

光回線のデメリット

・開通工事が必要
・引っ越しの場合に再工事も
・月額料金はポケットWiFiに比べると高い

開通工事が必要

固定インターネット回線の場合には、開通するための工事が必要になるので日程を調整して工事の人に来て貰う必要があります。

時期にもよるけど、引っ越しシーズンなどの繁忙期の場合には、申込みから開通工事まで1ヶ月以上かかる・・なんてことも!

光回線の工事は光ファイバーと呼ばれるケーブルを自宅まで引く作業になりますが、最近のマンションでは最初から光ファイバーを設置しているところも多く、光ファイバーが通っている場合には工事不要で開通出来る場合もあります。

引っ越しの時に再工事も

ほとんどの光回線は引っ越しにも対応しているので、引っ越しをした場合でも引っ越し先でそのまま使うことが出来ますが、引越し先でもまた開通工事が必要になる場合もあります。

光回線の種類によっては、引越し先の地域に対応していない場合もあります。そうすると解約する必要があるので、契約期間の途中で解約する場合には高額な解約違約金が必要になることもあります。

引っ越しをしたその日からインターネットに接続したい!なんて場合には光回線の場合には難しいかも・・・

月額料金は高め

ポケットWiFiが月額3,000円ちょっとで使えるのに対して、光回線の場合には月額4,000円以上する場合が多く、開通工事が必要な場合には工事費用もあるので初期費用も数万円かかる場合があります。

ただし、大手の携帯会社が提供している光回線の場合には、スマホセット割引が適用されるので月額数百円から数千円スマホ代が安くなります。

また、工事費無料のキャンペーンを行っていることも多く、タイミングを見て申し込めば初期費用もかからず契約する事ができます。

キャッシュバックキャンペーンも金額が数万円と多く、トータルで見るとポケットWiFiに比べてコストが高いと言うわけではありません。

光回線がおすすめな人は?

キャプション
  • データ通信量が多い人
  • 外でWiFi環境が必要ない人
  • スマホ代を安くしたい人
  • 時間帯問わず安定したインターネット環境が良い人

1ヶ月のデータ通信量が100GBを超えそうな場合には、まず間違いなく光回線を契約したほうが快適な環境でインターネットを使うことができます。

最近ではYou Tubeなどでも4k動画のような高画質動画を見ることが出来るようになってきましたが、4k動画は普通の画質に比べてデータ通信量も多いので、もちろん視聴時間にもよりますがポケットWiFiの100GB程度だと心許ないと感じる場面もあると思います。

ポケットWiFiでもPS4のオンラインゲームなんかはプレイ出来るけど、ゲームのダウンロードは30GBとか普通にあるからね・・・!ダウンロード多い人は光回線のほうが安心!

大手の携帯会社の場合にセット割が適用されると月額料金が安くなるので、ポケットWiFiに比べて少し高額な光回線ですが、スマホの月額料金も合わせて考えれば、トータルでは変わらないなんてこともあります。

おすすめな光回線

光回線も沢山の企業からサービス提供されていますが、知らないで契約すると月額料金が高かったりキャンペーンが少ないところに申し込んだりと、損する場合も結構あります。

現在人気の光回線をいくつか紹介して行きます。

NURO光

NURO光は、ソニーが提供している光回線サービスです。一般的な光回線と違いNURO専用のケーブルを使っているので、通信速度が他社よりも高速というメリットがあります。

全国地域で使えるわけではなく、限られた地域のみでのサービス提供ですが自分の家がエリア内であればまず間違いなくおすすめできる光回線になります。

NURO光提供エリア

北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
福岡・佐賀

月額料金4,743円
開通工事費用40,000円(実質無料)
最大通信速度2Gbps
スマホセット割ソフトバンクの場合 月額1,000円割引
キャンペーン・キャッシュバック45,000円
・WiFiルーター無料レンタル
・セキュリティーサービス無料

他の光回線サービスよりもワンランク快適な環境を作りたいならNURO光!自宅が対応エリアならおすすめ!

ドコモ光(GMOとくとくBB)

ドコモ光はドコモから提供さている光回線サービスですが、プロバイダーが20社以上あり、その中でもGMOとくとくBBのドコモ光が一番お得に使うことができます。

ドコモ光の特徴

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っている場合にメリットがある光回線です。マンションの場合の月額料金は4,000円ですが、スマホの料金が最大で月額1,000円の割引があるので、実質3,000円で使うことができる光回線になります。

月額料金4,000円(マンションタイプ)
開通工事費用15,000円(現在無料キャンペーン中)
最大通信速度1Gbps
スマホセット割ドコモの場合 月額1,000円割引
キャンペーン・新規工事費用無料
・最大20,000円のキャッシュバック
・dポイント 2,000ptプレゼント
・WiFiルーター無料レンタル
・セキュリティーサービス無料

GMOとくとくBBのドコモ光は、キャンペーンが豊富なのも特徴!

おてがる光

おてがる光は最大の特徴は、固定インターネット回線なのに契約期間の縛りがなくいつでも解約できるという点。現在住んでいる場所にいつまで住むのか分からない人でも安心して契約することが出来る光回線です。

おてがる光の特徴

おてがる光最大の特徴は、契約期間の縛りがないことですが、マンションタイプであれば月額料金が3,280円と安いのもメリットです。開通するまでの期間にインターネットがないと困るという人もいると思いますが、おてがる光は、最大1ヶ月間モバイルWiFiのレンタルも無料で行っています。

月額料金3,280円(マンションタイプ)
開通工事費用15,000円
最大通信速度1Gbps
スマホセット割無し
キャンペーン・基本料金2ヶ月無料
・最大12ヶ月500円割引
・初期工事費用5,000円割引
・モバイルWiFi1ヶ月無料レンタル
※上記の中から1つを選択

他の光回線に比べてキャンペーンは控えめだけど、契約期間の縛りがないのは大きなメリット!

【置くだけWiFi】コンセントに挿すだけ!工事不要のインターネット

工事不要のインターネット回線を探している人におすすめなのが置くだけWiFになります。

置くだけWiFiの通信方式はポケットWiFiと同じモバイル通信なので、基本的にはポケットWiFiと変わりませんが一番の違いが、使うのにコンセントが必要なところです。

ポケットWiFiと置くだけWiFiの違いは?

通信速度・接続距離などがポケットWiFiに比べて強く、最大同時接続台数も42台以上とポケットWiFiに比べて多くなっています。

電波感度が強いので、置くだけWiFiが置いてある場所から離れた部屋などでもポケットWiFiに比べて快適に使うことが出来ます。

置くだけWiFiのメリット!

・コンセントに挿すだけ!工事不要ですぐに使える
・最短即日発送・翌日から使用可能
・ポケットWiFiよりも強い電波

工事不要

置くだけWiFiは光回線で必要な開通工事などは無く、届いたらすぐに使えるのが大きなメリットです。

最短即日発送にも対応

置くだけWiFiもポケットWiFiと同じように即日発送に対応している会社があるので、急いでネット環境を整えたい場合にもおすすめです。最短で申し込んだ翌日から使うことができます。

ポケットWiFiよりも強い電波

ポケットWiFiと同じ様に面倒な工事不要で使えるインターネットですが、置くだけWiFiの端末はポケットWiFiと違い持ち歩かず家の中で使うことに特化したインターネット回線なので、ポケットWiFiよりも電波感度が強く設置場所から離れた場所でも快適に使うことができます。

置くだけWiFiのデメリット!

・外に持ち運べない
・使えないエリアがある

外に持ち歩けない

コンセントが必要な置くだけWiFiは、当然ですがポケットWiFiのように外に持ち歩いて使うことが出来ません。外でも使う予定がある人はポケットWiFiの方が便利に使うことができます。

使えないエリアがある

置くだけWiFiのサービスを提供している会社は何社かありますが、先程おすすめで紹介したポケットWiFiはどこでも使える4G/LTEというスマホと同じ電波を使っているのに対して、置くだけWiFiは独自の電波を使っています。

エリアによっては使えない場所や、エリア内であって鉄筋コンクリートなどのマンションに住んでいる場合には電波が届きにくく、使うことができない場合もあります。

置くだけWiFiがおすすめな人は?

置くだけWiFiがおすすめな人
  • 面倒な工事が嫌な人
  • すぐに使えるインターネット回線が欲しい人
  • 外に持ち歩いて使う予定がない人
  • 複数の部屋をまたいで使いたい人

ポケットWiFiの方が家の中でも外でも使えるので便利ですが、電波の強度に違いがあります。ポケットWiFiと置くだけWiFiのどっちがいいのか悩んでる人は、外に持ち歩くことがある場合はポケットWiFi・自宅の中で快適に使えるほうが優先な人は置くだけWiFiという選び方でOKです。

おすすめの置くだけWiFiは?

置くだけWiFiは大きく分けてWiMAX系サービスとSoftBank Air系のサービスに分かれています。この2種類の中からおすすめな置くだけWiFiを紹介したいと思います。

モバレコAir

モバレコAirは、SoftBank Airの回線を利用した置くだけWiFiで、使い心地はSoftBank Airと同じですが料金などを見直して安く提供しているプロバイダーになります。

月額料金3,344円(〜2ヶ月まで1,970円)
初期費用3,000円
データ容量無制限
使用電波ソフトバンクLTE(AXGPエリア)
契約期間2年間
解約違約金9,500円
発送最短3日で到着
支払い方法クレジットカード
スマホセット割ソフトバンクスマホは最大月額1,000円割引
キャンペーン17,000円キャッシュバック

モバレコAirは月額3,344円ですが、本家のSoftBank Airは月額4,880円と1,500円以上安く使えるので、モバレコAirにしない理由がありません。

ソフトバンクの電波には違いないんだけど、AXGPという特殊な電波エリアだから、自分の家がエリアなのか公式ページで確認してね!

WiMAXのホームルーター(GMOとくとくBB)

WiMAXのホームルーターはモバレコAirよりも使えるエリアが広いのが特徴です。即日発送にも対応しているので、早く使いたい人にもおすすめの置くだけWiFiです。

WiMAXは持ち運べるタイプのもありますが、ホームルーターと言われる置くだけWiFiタイプの端末も用意されており、端末代は無料のキャンペーンを行っています。

月額料金4,263円(〜2ヶ月目3,609円)
初期費用3,000円
データ容量無制限(3日で10GB制限はあり)
使用電波WiMAX・au4G/LTE
契約期間3年
解約違約金〜12ヶ月目まで19,000円
〜24ヶ月目まで14,000円
更新月以外9,500円
発送即日対応
支払い方法クレジットカード
スマホセット割auスマホは最大月額1,000円割引
キャンペーンキャッシュバック31,000円
端末無料プレゼント

WiMAXは色々なプロバイダーからサービスが提供されていますが、一番手厚いキャンペーンを行っているのがGMOとくとくBBのWiMAXになります。WiMAXを解約するのであればGMOとくとくBBが一番お得に契約することができます。

WiMAXも使用可能エリアがスマホのエリアに比べると狭いので、まずは公式サイトで自宅がエリア内か確認しましょう〜!

一人暮らしにおすすめ!簡単に契約出来るインターネットまとめ

家族など複数人でインターネットを使いたい場合には、確実に固定インターネット回線の光回線をおすすめしますが、一人暮らしの場合には色々な選択肢があります。

一人暮らしのインターネット選び方
  • 外に持ち歩くならポケットWiFi
  • 自宅で快適に使いたいなら光回線
  • 工事無しで自宅のみで使うなら置くだけWiFi

簡単に言っちゃえば選び方はこれでOK!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる