GIANT ATX2019年モデル購入レビュー!

久しぶりに自転車を買ったのでレビューしたいと思います。

今回購入したのはジャイアントのATX2019年モデル

事前にネットで色々調べまくりましたが、乗ってる人が少ないのか、最新モデルのレビューはあまりなかったので、素人目線ではありますが、実際に購入した俺がレビューしていきたいと思います。

おれ
おれ
マウンテンバイクに乗るのは小学校ぶりだから約20年ぶり!

GIANT ATXとはどんなマウンテンバイク?

まずは、今回購入したGIANT ATXの紹介を軽くしたいと思います。

ATXとはGIANTのマウンテンバイクの中でも入門用に位置付けられた自転車で、価格も54,000円とマウンテンバイクの中では手頃な価格です

標準装備でスタンドが付いており、タイヤもダートと舗装路に対応したセミブロックタイヤを履いています

▼街乗りに嬉しいスタンドは標準装備

セミブロックタイヤなので、ダート道でも滑りにくく、舗装路だと完全なブロックタイヤよりも転がりやすく、街乗りがほとんどな俺としては丁度良い感じのタイヤ!

▼砂利道もコンクリも両方走れるセミブロックタイヤ

フロントにはサスペンションが付いているので、サスペンションと太いタイヤで段差などをスムーズに乗り越えてくれます

おれ
おれ
マウンテンバイクの中では非常に街乗りに適しているのがATXと言えるんではないでしょうか?

GIANT ATXのスペック

マウンテンバイク初心者の私からすると、使っているパーツのランクなどで何が違うのかわかりませんが、ATXに使われているパーツなどは以下になります

ちなみに3サイズ用意されていますが、XSサイズのみタイヤのサイズが26インチになります。S/Mサイズに関しては27.5インチのタイヤが使われています

ATXのスペック
サイズ
405mm(xs)420mm(s)455mm(m)
重量
14.7Kg(Mサイズ)
フレーム
ALUXX-Grade Aluminum
フォーク
SR SUNTOUR XCT 100mm Travel
コンポ
SHIMANO TOURNEY
クランクPROWHEEL
ブレーキ
TEKTRO TKB-172 160mm Rotors
タイヤ
GIANT QUICKCROSS 26×2.1(XS)27.5×2.1(S,M)
ギア数前3段・後7段
ブルー・ホワイト・ブラック

その他詳しくは公式サイトでも確認出来ます→GIANT ATX公式ページ

▼ATXはケーブル内装式!この価格帯では中々ないらしい。見た目がスッキリ!

▼サドルは固め?ケツが痛くなるけど、自転車久しぶりだから慣れかな?GIANT製のCONNECT

▼ペダルはプラスチック感丸出し。パット見で安物感がある。そのうち変えるかも

▼ギヤはシマノ製のターニー。前3段の後ろ7段の合計21段

GIANT ATXで街乗りしてみた感想

何度も言いますが、マウンテンバイクを購入したもののメインは舗装路で、仕事の通勤に使うために今回自転車を購入しました

おれ
おれ
購入して100キロ近く乗ってみましたがマウンテンバイクまじ快適!

マウンテンバイクの中では安物のサスペンションなのかもしれませんが、段差を越えた時に腕にくる「ガシン!」というショックもなく、車道から歩道に乗り上げる時の段差も恐怖心なく走る事が出来ます

また、マウンテンバイクにした理由のひとつに「ウイリー」や「ジャックナイフ」などの技をやりたいと言うのがあったんですが、ATXはさすがマウンテンバイク、ジャンプしてもウイリーしてもまったく問題なく、頑丈な感じがします(俺は182センチ90キロなので、頑丈な自転車が欲しかった)

サイクルコンピューターも付けたんですが、俺の脚力だと平均25キロ〜30キロは出せるので、街乗りで遅く感じることはありません(もちろん人によりますが)

おれ
おれ
ロードバイク等に乗らなければ、遅くてイライラするような事はないんじゃないでしょうか?

まだ100キロ程度しか乗っていませんが、体に来る衝撃が少なく快適で、マウンテンバイク的な遊びも出来るので、今の所大満足です!

GIANT ATXとグラビエで迷った!

実は通勤がメインの購入だったので、舗装路がほとんどなのはもちろん元から分かっていました

なので最初はマウンテンバイクではなくクロスバイクや、クロスバイクとマウンテンバイクの中間的な位置付けのグラベルロードなどを検討していました

以下俺が迷った自転車達

▼俺の中でGIANTと言えばクロスバイクのESCAPE R3

定価:52,000円

自転車を買おうと思った時の第一候補。安くて速くてカッコイイと三拍子整ったGIANTのロングセラークロスバイクですが、持っている先輩に乗らせてもらった所、街乗りでは段差の衝撃などで、乗り心地が悪いと感じてしまったので没!

▼MARINのグラベルロードNICASIO SE

定価:75,000円 公式サイト

見た目で惚れた。丁度近所の自転車屋で店頭販売していたので、ちょっと予算オーバーだけど買う気満々で見に行ったら、一番大きフレームサイズでも身長175センチまで!実際に跨ってみたら窮屈で没!

サイズが合う人にはおすすめ!見た目は一番好き

 

▼こちらもGIANTのグラベルロード的な自転車グラビエ

マウンテンバイクにスリックタイヤ履かせました。みたいな自転車。ATXと最後の最後まで迷いましたが、ブレーキがディスクではなくVブレーキなのと、見た目がATXの方が好きだったので没。

実際、俺の自転車の使い方(ほぼ街乗り)だとグラビエの方が向いているのかもしれない・・・

GIANT ATXに取り付けたパーツ

ATXには標準でスタンド・ベルは付いていますが、実際に使うには他に購入する物が結構あります

おれ
おれ
俺が購入したパーツを紹介したいと思います

ヘルメット

マウンテンバイクを買ったからと言うわけではなく、ダートよりも街乗りの方が俺は危険を感じます

もともとバイク乗りという事もあり、ヘルメットに拒否感はないので今回自転車と合わせてヘルメットも購入しました

自転車用のヘルメットは流線型の形をした物が多く、デザイン的にあまり好きではないので、マウンテンバイクっぽいヘルメットをチョイス

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥5,242
(2019/11/17 08:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

グローブ

これも自転車必需品ではないものの、転倒時に素手のままだと地面に手を削られて痛い目に合うのと、ウイリーやジャックナイフの練習中の手の保護のために購入!

こちらもマウンテンバイクに合うデザインの物をチョイス

ロック(鍵)

以前乗っていた折りたたみ自転車が盗難されるという悲しい経験があるので、ロックはしっかりとしておきたい所

自転車で移動中はロックをカバンの中に入れるか、車体に括り付けないと行けないので、U字ロックですが、周りがシリコン素材で傷が付きにくいものを選びました

タイヤだけにロックを掛けると、タイヤを外して車体を盗まれる可能性があるのでフレームとタイヤ両方まとめてロックできるサイズにしました

サイクルコンピューター

速度や、走行距離などを計測してくれる機械でサイコンと呼ばれているものです。

俺は購入してからの総走行距離が分かれば良いので、ケイデンス(回転数)や、GPSなどの機能がない安い物をGIANTで納車時に付けてもらいました

サイコンはタイヤサイズの登録方法などがおかしいと全然違う情報になってしまうので、正確に取り付けして貰いたかったのでGIANTストアでお願いしました・・・

GIANTストアから家まで乗って帰った時に、本来の距離6キロのはずが、3キロと表示されていたので、自分で設定しなおしました・・・・。

▼速度・距離程度の最低機能ならGIANTじゃなくてAmazonで売ってる安い奴で充分だった

設定方法も簡単で、装着方法も簡単そうなので、自分で好きなのを買った方が良いかもしれません。GIANTで買うと一番安くても3,500円ですが、Amazonなら1,000円ちょっとでキャッツアイのサイコンが買えるし・・・

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥1,373
(2019/11/17 08:29:14時点 Amazon調べ-詳細)

ライト・テールライト

これがないと夜は走れません!友人がくれると言うので、ATXを買ってからしばらくは100均のライトとテールライトでがんばっていましたが、光量は少なく、街灯がない場所では危険なレベル

友人からもらったライト・テールライト共にUSB充電タイプなので、出先で充電が切れるのって怖くないのかしら・・・・?

ライトに関しては、もっと良いものが無いか検討中です。おすすめがあれば教えてほしい!

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥1,544
(2019/11/17 08:29:16時点 Amazon調べ-詳細)

バーエンドバー

マウンテンバイクはバーハンドルで長距離を走ろうと思った時に、ロードバイクのドロップハンドルのように色々な場所を持って姿勢を変えることが出来ません

休みの日にはロングサイクリングをしたいと思ったので、納車時にバーエンドバーも装着しました

バーエンドバーがあるだけで体勢に変化を付けられるのでおすすめ!

リクセンカウルのクイックフィックス

バイクを乗る時にもそうなんですが、俺は自転車に乗る時にリュックやメッセンジャーバックを背負っているのが好きではありません

体の姿勢を変えるのにすごく負担に感じるからです。以前乗っていた折りたたみ自転車時代から愛用しているのがリクセンカウルのクイックフィックスです

一般的なカゴなどの場合には、付けっぱなし前提に固定されてしまいますが、クイックフィックスを付ければワンタッチで取り外しが可能です

▼クイックフィックス対応のカバンなら

▼ワンタッチで取り外し可能!

ATXに似合ってるかどうかは別にして・・・多少の荷物があっても手ぶらで自転車に乗れるのは俺にとって大きなメリット!リクセンカウルのクイックフィックスは必須アイテム!

俺が使っているカバンは相当前に購入たもので、今は生産終了してるっぽく、入手困難かもしれませんが、リクセンカウルではワンタッチで外せるカゴやリュックサックなど、色々ラインナップしているので是非!本当におすすめ!

おれ
おれ
ハンドルだけではなく、シートポストに付けるアタッチメントなど色々あるのでお好みで!
created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥2,002
(2019/11/16 11:32:43時点 Amazon調べ-詳細)

リクセンカウル ストラクチャーオーバル ブラウン フロントバイクバスケット 【自転車】【バッグ】【フロントバッグ】【リクセンカウル】

GIANT ATXはどこで買うのがおすすめ?

ATXはGIANTの自転車ですが、GIANTストアのみではなく販売契約を結んでいるお店で購入する事が出来ます

GIANTストアは全国でも30ちょっとの店舗しかないので、近くにGIANTストアがない場合には、全国に店舗が多いサイクルベースあさひなどで購入する事も可能です

👉サイクルベースあさひ楽天市場店

GIANTの自転車は通信販売が禁止されているらしく、店舗での販売のみになりますが、サイクルベースあさひの場合にはネットで注文して店舗で受取が可能です。

GIANTストアで購入するとメンテナス無料&生涯保証

サイクルベースあさひ等で購入した場合でもメンテナンスパックなどは有ると思いますが、GIANTストアで購入した場合には、19項目のライトメンテナンスを無料で受ける事が出来ます

↓19項目のライトメンテナンス内容

クイックレリーズ/タイヤ磨耗/タイヤ空気圧チェック/簡易シフト/簡易ブレーキ/ハンドル周り(ステム・ヘッド)/シートクランプ/ブレーキパッド/車輪のフレ(横)/ガタつき(ハブ・サドル・クランク・ペダル)ネジ締めチェック/ペダル締めチェック/変速機調整/チェーン注油/ブレーキパッドの減りチェック/ブレーキパッド調整/ハンドルのガタつき調整/車輪調整/シーラント注入

おれ
おれ
ライトメンテナンスにプラスして、フレームの生涯保証が付いてくる!

 

が!しかし!

 

自分で自転車をいじったり他の店でパーツ交換したりすると無料メンテナンスは受けられず、フレームの生涯保証もなくなるという事なので要注意

納車時に店員さんに質問しましたが、結構基準が厳しいみたいです・・・。ライト・ドリンクホルダー程度なら改造には当たりませんが、既に付いてるものを他の物と交換するような行為はほぼNGみたい・・・。

おれ
おれ
自転車好きの友人が俺のATXのハンドルを換えたくてウズウズしているらしいので、GIANTストアで買ったものの、メンテナンスを受けに行くことはすぐに無くなりそうです・・・・。

GIANTストアが家の近くにある&メンテナンスが自分で出来ない&一切改造するつもりがない人であればGIANTストアで購入がおすすめですが、それ以外の人は家の近くで購入できるお店で買うことをおすすめします!(GIANTストアは定価で値引きないし・・・)

GIANT ATXの俺的評価

マウンテンバイクを含めてクロスバイクもロードバイクも、エントリーモデルの数万円から高ければ100万円の単位まで様々ありますが、素人の俺には違いがわかりません

おれ
おれ
自転車のエンジンである俺ががんばれば大した差なんてねえだろ!と思ってます

大会とか出るレベルになってくるなら関係あるんでしょうけど・・・。

ということで、俺はATXを気に入ってます!俺的におすすめできる人は

  • 久しぶりに自転車に乗る
  • マウンテンバイクデビュー
  • 街乗り9割ダート1割

こんな人であればエントリーモデルのATXを乗って不満に思うことはないんじゃないでしょうか?

以上素人目線ですが、GIANT ATXのレビューでした!

▼この人好き