【最新韓国タバコ事情】旅行に行ったらどこで吸う?喫煙時の注意ポイント

アニョハセヨ。日本も年々喫煙者に厳しくなって来ています。大阪へ転勤で1年間住んでいた時も、東京と大阪のタバコ文化の違いに驚いたものです。(大阪だとビジネス街でサラリーマンが普通に歩きタバコしてる!)

先日韓国に行ってきたので、最新の韓国タバコ事情と。タバコが吸える場所など紹介して行きたいと思います。

おれ
おれ
韓国は日本以上にタバコへの規制が厳しくなっている印象。吸う場所は注意して下さいね!日本みたいに罰金制度もありますよ!

ちなみに韓国でタバコが吸えるおおまかな場所は・・・・

  • コンビニの灰皿前
  • 駅前や街中にある喫煙所
  • 飲食店が外に用意している灰皿の前
  • 空気を読んで外で吸う

1番下の空気を読みながら吸うというのが結構ポイント。繁華街だと飲食店だらけなのに灰皿がまったく無い場所もあります。

おれ
おれ
どこで吸うか?空気を読んで吸うしかないんだなぁ!

女性に厳しい韓国のタバコ文化?

日本でも「タバコ吸う女は〜」なんて自分がタバコ吸うのに言う男もたまにいますが、韓国で女性がタバコを吸うのは日本よりも気合が必要です。

以前、2004年に俺は韓国へ交換留学って行っていたんですが、街中でタバコを吸ってる女性が気に入らないおじさんが

面識もない女性をぶん殴るという事件もあったらしく、友達の韓国人が留学していた喫煙者の日本人女性に気をつけろと注意していました。

なので、韓国では現在も女性が公衆の面前で堂々とタバコを吸うのが少しはばかれる雰囲気があるので、大きめな喫煙所だと女性専用喫煙所が設けられている所もあるようです。

▼女性専用と一般のスペースが分かれた駅前の喫煙所

韓国人は、韓国人か日本人かは外見で分かってくれるので、女性の日本人観光客なら外国人扱いしてくれるので、そこまで韓国式に従う必要はないと思いますが

韓国に旅行に行く喫煙女性は韓国にはそういう文化がある事も一応理解して置いた方が良いかも知れません。

韓国の飲食店は全面喫煙!

以前俺が留学していた時は、飲食店の中でもタバコが吸えましたが、現在は全面的に禁煙!飲食店の中にはもちろん居酒屋やbarなどの飲み屋も含まれます。

居酒屋に行ってタバコが吸えないなんて、喫煙者の人にとってはありえないと思いますが、韓国ではだめなんです。

店の外に灰皿が置いてあって吸える場所が用意されている所もありますが、それは少数。大多数の飲食店は外にも灰皿を置いてくれていません。

じゃあどうするか?

おれ
おれ
空気読んで吸う!

下の写真を見てもらえれば分かると思いますが、店の外にタバコの吸い殻がちらほら。この繁華街は飲食店がたくさん有りますが、灰皿が置いてある店はほぼみあたりませんでした。

どこで吸って良いかわからない時は、道端の吸い殻を見て判断しましょう。吸い殻がたくさんある場所はなんとなくタバコを吸っても良い場所です。(吸い殻は持ち帰ってね!)

▼ちなみにソウルのシンノンヒョンという駅にあるこのホルモン屋に行きましたが、鼻血が出るほどうまかった。おすすめ。

例外的に、barなどでタバコを吸ってもセーフな店があります。本来だめですがなぜ吸えるか?

自己責任システムを採用してるからなんです。

barに行っても、もちろん灰皿は置いてありませんが「タバコを吸いたい」というと水が少し入ったコップが出てきます。

何かあった時に店側が「灰皿を提供していません」「客が勝手にコップを灰皿にして喫煙しました」と言い逃れ出来るようにこのようなコップが出てくるんですね〜。

▼韓国人は店員が全員女性の店をbarと言いますが、どうみても完全にガールズバーです。どうもカムサハムニダ。

※ちなみに全てのbarでタバコが吸えるわけではないので、注意して下さいね。

韓国のタバコの値段はいくら?

韓国の現在のタバコの値段は4,500ウォン〜4,700ウォン(450円〜470円)ウォンです。いつもそうですが、だいたい日本より50円前後安いイメージです。

ちなみに日本でも愛煙者が多いiQOSは韓国だと現在約450円。こちらも日本にiQOSより50円安いイメージです。

韓国に初めて行ってタバコを買う人がビックリするのが、タバコのパッケージデザイン。感覚的に日本よりも韓国のほうがタバコ=悪のイメージが強く。タバコのデザインにも現れています。

▼韓国のマルボロのパッケージ

▼韓国のiQOS。注射マークで威嚇!

韓国版iQOSのlil(リル)は連続吸いが可能

韓国の喫煙者も一般的な紙巻たばこからiQOSなどの電子タバコへ移行した人は多く、喫煙所に行くとiQOSを吸っている人も多く見かけます。

今年(2018年)の頭に登場したのが、KT&Gという韓国の会社が発売したlilという電子タバコ。

今までのiQOSは一本吸ったら充電しないといけないので連続で吸うことが出来ませんが、lilは2本でも3本でも連続で吸うことが可能です。

▼lil専用のタバコもありますが、なんとiQOSのタバコでも同じ様に喫煙可能なので、日本でも問題なく使用可能

今年の2月にも韓国に行ったんですが、その時は売り切れで購入する事が出来ませんでした。韓国人の友人が俺の分を買っといてくれたので、俺も無事GET!

▼値段は割引されたiQOSより若干高いかな?9,000円くらいらしい。

▼ソウルの方に行くと、アイコスショップ的なlilのお店があるので、lilが欲しい人は是非行ってみて下さい!空港の免税店でも販売してましたよ!

ちなみに、iQOSと比べると、lilで吸ったほうが味がしっかりしていて美味しく感じます。また同じような感覚で吸っていてもiQOSよりもlilのほうが長く吸えます。5吸いくらい違うんじゃないかな?

11月15日から「IQOS 3 MULTI」という連続吸いが出来るiQOSが日本でも発売されたけど、一回の充電で10本くらいしか吸えないみたいなので、20本以上吸えるlilの方が外出時の充電切れの心配は少ないですね。

興味がある人は、韓国旅行時に購入してみて下さいね。

最新韓国タバコ事情まとめ

日本でも肩身がどんどん狭くなっている愛煙家ですが、韓国でも日本と同様かそれ以上のスピードでタバコへの規制が進んでいます。

5年くらい前は繁華街でも歩きタバコをよく見ましたが、今回歩きタバコをしている人はほぼ見かけませんでした。

韓国は飲食店も全面禁煙で、日本のように喫煙所が充実しているわけでもありません。なので、韓国ならではの「暗黙のルール」的に吸ってもいい場所と、絶対に吸ってはいけない場所というのがあります。

韓国に旅行に行く際に、喫煙所がない場所でタバコを吸いたくなったら、よ〜く周りの人を観察して下さい!現地の韓国人がタバコを吸っている場所が、なんとなくタバコを吸える場所な事が多いですよ。

それではマナーを守って良い喫煙ライフを〜!