韓国の友人の結婚式に参列!服装・ご祝儀などのマナーって?

私が韓国留学時代に知り合った韓国人の友達が結婚するというので、久しぶりの韓国へ行ってきました。韓国と日本は基本的な文化が近い国ですが、結婚式のスタイルは結構違います。初めて韓国の結婚式に参列する人の参考になればと思います!

韓国の結婚式の流れは?

日本の結婚式の流れはざっくりと

結婚式→披露宴→二次会

みたいなパターンが多いと思います。披露宴は2〜3時間は当たり前、友人の出し物から上司の挨拶、両親への手紙。子供の頃からの成長ビデオなどなど・・・・ほぼ半日がかりなんて当たり前ですよね。

韓国の結婚式は違います。

結婚式&披露宴(30分くらい)→別会場でビュッフェ(好きなだけ飲み食いしてOK)

終わりです。すごく早いです。結婚式自体は、宗派によって変わりますが基本的に30分前後で終了します。その後に食事券を渡されて、別の場所に用意されているビュッフェ会場で食事をして流れ解散〜というのが一般的な流れになります。

なので、気合を入れて行くとすぐ終わってしまってびっくりすると思いますが、それが韓国スタイル。私も5回くらい韓国の結婚式に参加しましたが、ほぼ同じ様な感じです。

今回も、30分くらいで終了しました。韓国の結婚式は非常にシンプルで、今回の友人はクリスチャンなんですが、神父がずーーと喋ってます。賛美歌的なものを歌って、両家両親に挨拶をして終わり。今回は新郎が歌好きなので、歌を新婦に歌ってたぐらいですかね。友人の出し物的なものは少なく、サクッと終わって。サクッと食べて終了です。

韓国の結婚式に招待状はない?!

韓国の結婚式に誘われた場合でも、招待状がないからと行って不安にならなくても大丈夫です。韓国の結婚式では、結婚式のお知らせはしますが日本のように出席・欠席の返事を明確にする必要はありません。

呼ばれてないのに友達伝いに結婚式をすることを聞いて、勝手に行ってもOKです。友人に誘われて、知らない人の結婚式に出ても問題はありません!

なので、新郎新婦も結婚式の幕が開けてみないと何人来るか分からない!結婚式後のビュッフェ会場の席は「このくらい来るだろう」と予想でとってあるので、外れるとお金が無駄になってしまいます。

韓国の結婚式に参加する時の服装は?

日本だと男性はスーツ。女性は気合を入れたドレスを着て行くことが多いと思います。韓国の結婚式も男性はスーツが多く、女性は普段着の中でキレイ目な服程度な感じが多いです。

日本の結婚式に参加する女性の服装のような、「結婚式行ってきます!」みたいな服装をする必要はありません。髪型なども普段通りで大丈夫。結婚式だからと特別意識する必要はありません。

私もスーツを持って韓国に行ったんですが、最近太ってしまったためにいつも結婚式用に着ていたスーツがキツイと一緒に行く韓国人の友人に話すと、「スーツなんかいらないよ、最近は着てこない人も多い」と言うので、ジーパンにセーターという超カジュアルな感じで参列しました。

「ジーパンはまずくないか」とドキドキしましたが、式場に着くと確かにラフな服装な人も多く、ジーパンでも全然まずくありませんでした。

▼一番左が私です。セーター・ジーパン・ブーツで参列・・・!

韓国の結婚式。ご祝儀はの金額は?

ご祝儀に関しては、一般的に5万ウォン(5千円)くらいですが、日本と同じように結婚式をあげる人との関係性によって変わって来ます。ぼくの場合は日本からの飛行機代を出してもらっていたので、50万ウォン(5万円)を出しました。

また、前回行った結婚式では日本からの飛行機代を貰わなかったので、ご祝儀はいらないと押し問答した挙げ句10万ウォン(1万円)払って来ました。

日本から行くぐらい関係性が深いなら飛行機代払ってもらってるかもらってないかによりますが、飛行機代を抜いて10万ウォン〜20万ウォン(1万円〜2万円)程度渡せば大丈夫じゃないでしょうか。学生さんとかであれば5万ウォン(5千円)でもいいと思います。

ご祝儀袋はどうする?

日本であれば、ご祝儀袋を用意して持っていきますが、韓国は違います。現地にご祝儀袋が置いてあるので、その場でお金を入れて渡します。写真を取り忘れてしまいましたが「祝 結婚」と漢字で書いてある事が多いのですぐ分かると思います。

韓国語がわからないのであれば、ローマ字で名前をかけばOKです。

私は、折角なので日本式のご祝儀袋を日本で買って、そこに入れて持っていきます。

▼こんな感じの日本っぽいのが珍しいので喜ばれると思いますよ!

▼ご祝儀を渡すと、ビュッフェ会場のチケットが貰えます。無くさないようにしてください

韓国の結婚式の引き出物はビュッフェだけ

日本だと、結婚式に行くと沢山の引き出物を貰いますが、韓国はありません。ご祝儀&来てくれたお礼はビュッフェのみです。

結婚式が行われる式場で、同時に結婚式が行われていた場合はビュッフェ会場に他の結婚式に参列した人たちも来ます。まったく知らないし共通の友人が結婚したわけでもない赤の他人同士でビュッフェするという状態です。

▼ビュッフェ会場は、違う結婚式の参列者が同時に食事します。

▼料理は韓国の伝統料理から、洋食。そしてお寿司やうどんなど色々な食べ物があります。

▼デザートも

ビュッフェ会場で食事が終わった人から解散になりますが、このビュッフェ会場にお色直しで韓国の伝統服に着替えた新郎新婦が挨拶回りに来るので、早く食べ過ぎて新郎新婦が来る前に帰らないようにして下さいね。

韓国に行くときは航空チケットを早めに取りましょう!

ちなみに、今回は航空券代は友人が出してくれたんですが、ギリギリまで行動しない人間なので、2週間前くらいにチケットを取りました。成田−インチョンの往復で4万円かかってしまいました・・・・。

時期にもよりますが、安い時であれば往復2万円ちょっとの格安航空券もあるので、早めに取ることをおすすめします。格安航空券比較サイトで日程を入れれば簡単にとれますよ。



私がもうちょっと早く行動していれば、友人に渡すご祝儀をもうちょっとがんばれたんだけどなぁ〜・・・・。