データ専用SIM比較!快適に使えるのはどれ?

音声通話ができないデータ専用SIMの存在を知っている人は多くありませんが、実はうまく使うことで、かなり便利にお得に使うことが可能です。

  • スマホの月額料金を安く抑えられる!
  • SIMフリーのモバイルwifiルーターに入れてどこでもwifi環境を!
  • タブレットに入れて外に持ち出す!

みたいな使い方が出来ます。

おれ
データ通信専用SIMは通話が出来る契約のSIMよりも月額料金が安く抑えることが出来るのでうまく使ってお得に快適なネット生活を送りましょう!
目次

データ通信専用SIMは2種類に分かれる!

データ通信専用のSIMでも、大きく分けると2つの種類があります。目的によって選択の方法が違うので注意して下さい。

 

  1. 【格安sim会社】格安simの通話機能を無くしたデータ専用sim
  2. 【ポケットWiFi会社】ポケットWiFi会社が出しているポケットWiFiなしのデータ専用sim

 

大きく分けるとこの2つに別れます。同じ様にデータ通信専用simではあっても、通信回線の品質は大きく違うので注意が必要です。

 

格安simはMVNO(仮想移動体通信事業者)といい、大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクの回線の一部を借りて運営している回線なので、大手キャリアに比べて通信速度は遅いですが、ポケットWiFiの会社は大手キャリア(主にソフトバンク)と直で法人契約しており、大手キャリアと変わらない品質の回線を使うことが出来ます。

 

格安sim会社が出しているデータ専用simはおすすめしない理由は?

格安simの会社が、通話機能をなくしてデータ専用回線として提供している格安simですが、通信速度が遅かったり、すぐに通信制限がかかったりと、かなりデメリットも多いく、単純におすすめできません。

 

UQモバイルは最大でも500Kbpsの低速通信

UQモバイル」は、実質auのサブブランドなので通信速度の速さはソフトバンクのサブブランド「Ymobile」と並び、数百ある格安sim会社の中でも頭5つくらい抜けた存在です。

 

しかし、UQmobileで提供されているデータ通信専用simとなると話は別、月額1,980円でデータ通信が無制限のプランはありますが、通信速度は最大で500Kbpsなので日常生活でストレスが溜まる事になるでしょう。

 

更に、ネットワーク混雑回避のために3日で6GB以上使った場合には、500Kbpsからもっと遅い速度に通信速度制限されるので要注意

 

DTI SIMは2,200円でLTE無制限!でもすぐに通信制限

UQモバイルは無制限データ通信が1,980円で使い放題ですが、最大500Kbpsの低速回線でした。「DTI SIM」は低速回線ではなくLTE回線が使い放題のデータ専用SIMが2,200円で用意されていますが、実際は全然使い放題ではありません。

 

平均的な利用を著しく超過した場合には、通信速度制限になってしまいますが、著しく超過の「著しく」が相当厳しいようで、Twitterで実際に契約している人のツイートを見てみると、詐欺じゃないかレベルの使用でも通信速度制限がかかっているようです。

 

おれ
デジタルブックのダウンロードなんて100MBもないと思うんだけど、それで通信制限って・・・ゴミだね

 

おれ
使い放題をうたっておいて1.5GBで通信制限はないわ!

 

U-mobileの使い放題プランはLTE回線なのに常に低速?

U-mobileもDTI SIMと同じ様にLTEの高速回線が使い放題のプランがあり、月額2,480円で提供されています。

 

格安simを始め、ネット回線の通信速度は使用場所・使用時間・使用環境によって変わるので、一概に「〇〇Mbps以上絶対に出ます!」なんて表記する事はしないんですが、Twitterで実際に使っている人のツイートをみるとU-mobileの使い放題プランはかなり通信速度が遅いようです・・・。

 

おれ
スピードテストするためのサイトが表示出来ないって・・・・

 

おれ
800KbpsでLTE回線使い放題って言っちゃダメでしょ〜!

エリア内なら楽天モバイルはおすすめ

データ専用SIMではなく音声通話も出来るSIMなので、例外的になってしまいますが楽天モバイルの自社回線エリア内であれば、楽天モバイルはおすすめ。

楽天モバイルは、自社で建設したアンテナの電波が届く範囲内であればデータ通信無制限で使うことが出来ます。

ただし、現時点での楽天自社回線エリアは都市部のみと限定的になっており、楽天自社回線エリア以外ではパートナーエリアと言ってauの電波に接続されます。

パートナーエリアだと月に5GBまでしか使えないので、ないよりはマシですが本領発揮出来るのは自社回線エリア内の場合ですね。

楽天モバイルは1年間月額料金無料キャンペーンをやっているので、エリア外の場合でも持っておいて損はないかもしれません。

楽天モバイル 公式ページへ

快適な通信速度ならポケットWiFiのSIMだけプランがおすすめ!

基本的に格安simに通信速度の速さ・安定を求めるのは難しいと思います。速くて安定した通信速度を求めるのであれば、ポケットWiFiを契約するのが1番の解決法です。

 

ポケットWiFiを契約すれば、快適なネット環境で過ごすことが出来ますが「自分の持っているポケットWiFiを使いたい」「ポケットWiFiは邪魔だから持ち歩きたくないスマホに差して高速通信をしたい」「タブレット専用で使いたいからポケットWiFiはいらない」という人も少なからずいると思います。

 

そんな人におすすめなのが、ポケットWiFiの会社が提供している「SIMだけプラン」です。速度・安定度共に良いポケットWiFiの会社が出しているSIMなので、格安simと違い安定した通信を使うことが出来ます。

 

無制限の使い放題プランや、20GB・30GBなど自分が使いたい容量だけ契約するプランの両方が用意されています。

 

おれ
SIMだけプランを用意している会社は多くはないけど、数社あるので紹介していくよ!

 

フジワイファイは契約縛りがなし!いつでも解約可能

フジワイファイ】はソフトバンク回線のポケットWiFiを提供している会社の中では老舗。ドコモ・au・ソフトバンクの3回線から自分が使いたい会社の回線を使うことが出来ます。

フジワイファイには、いつでも解約出来るプランと、最初にデポジット代5,000円を仕支払う事で月額料金が500円安くなるデポコミプランがあります。

デポコミプランのデポジット代5,000円も1年後に返金され、その後も月額料金が500円引きになるので、1年間以上使う予定がある場合にはデポコミプランがおすすめです。

フジワイファイ 詳細
使用回線 ソフトバンク・ドコモ・au
事務手数料 3,000円
解約手数料 0円
支払い方法 クレジットカード/コンビニ払い
契約期間 無し/12ヶ月
ソフトバンク回線
データ容量 ノーマル デポコミ
10GB 1,480円 980円
20GB 2,100円 1,600円
50GB 2,900円 2,400円
100GB 3,900円 3,400円
ドコモ回線
12GB 1,780円 1,280円
30GB 2,600円 2,100円
au回線
12GB 1,780円 1,280円
30GB 2,600円 2,100円

フジワイファイは、クレジットカードでの支払い以外にもatoneと呼ばれるコンビニ決済システムを利用出来るので、クレジットカードを持っていない場合でも契約する事が可能になっています。

 

フジワイファイ 公式ページへ

 

【STAR WiFi】ソフトバンク回線が100GB使える!

STAR WiFiはソフトバンクの回線を使ったSIMだけの、新大容量プランがあります。新大容量プランは使えるデータ数が明言されていませんが、おおよそ100GBまでは使える事になっています。

STARWiFi 詳細
使用回線 ソフトバンク
事務手数料 2,980円
解約手数料 0円
支払い方法
クレジットカード
契約期間 無し
月額料金
2,980円(クーポン利用時)

 

STAR WiFiは、100GB程度使えるとなっていますが、新大容量プランが何GBまで使えるかと正式に明言はされていないので、利用者の増減で使えるギガ数が変動する可能性があります。

契約する場合には、その点は理解した上で契約するのをおすすめしますが、契約期間の縛りもなく、解約手数料も掛からないので負担は少なくすみます。

契約する時にはクーポンの利用を必ずするようにして下さい。クーポンの利用をしないと月額料金が4,380円になってしまうので注意。

クーポンコード→new-star-sim01

STAR WiFi公式ページ

 

データ専用SIMまとめ

今日の記事で書いたように、データ専用SIMと言っても、格安sim会社が提供している物と、ポケットWiFi会社が提供している物の2つにわかれます。

快適にデータ通信を行いたいのであれば、間違いなくポケットWiFiの会社が出しているSIMだけプランをおすすめします。通信速度・容量ともに段違いに快適です。

あわせて読みたい
【simフリー版】FS030W レビュー!20時間のスタミナバッテリー! 発売からもうすぐ3年が経過する富士ソフトのポケットWiFi(モバイルルーター)のFS030Wを今更ながら購入したのでレビューしていきたいと思います。 発売から3年経過する...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる