ガジェット

MacBookのキーボード修理プログラムに出したら、ほぼ新品になった!

俺が使っているMacBook Pro(2016 touch barモデル)がキーボード修理プログラムの対象だったので、Appleに出していたんですが先日戻って来たので変更点などを報告したいと思います。

修理プログラムの対象MacBookはこちら

俺のMacBook Proもスペースや矢印ボタンが連打されたり、押しても反応しない事があったので、今回先輩にMacBookを借りれたこともあり修理に出してきました。

キーボード修理プログラムにかかった期間は?

今回は立川にあるApple正規サービスプロバイダのクイックガレージ立川に持ち込みしていたんですが、持ち込みした日が8月30日。修理完了の連絡があったのが9月11日だったので、およそ2週間。

持ち込んだ時の詳細はこちら↓

俺のMacBookがキーボード修理プログラム対象だと!費用は?期間は?MacBookとMacBook Proの一部のモデルがキーボードの挙動がおかしい問題で、起訴大国のアメリカにて集団起訴があった結果、アッ...

受付時に修理期間はおおよそ1週間と言われていたので、思ったより時間がかかりましたが、色々と嬉しいサプライズが合ったので良しとしましょう!

キーボード修理プログラムは料金0円

今回のキーボード修理プログラムはリコール的なプログラムなので、修理代金はかかりません。無償での修理になります。

ただし、キーボードを修理する段階で、修理に支障をきたす場合にはそちらを優先して直すのでお金がかかる場合もあると注意を受けていましたが、今回の俺の場合には料金はかからず無償での修理となりました。

戻ってきたMacBook!変更点は?

さて、戻ってきた俺のMacBook proですが、かなり色々な部品が交換されていました。

  • キーボード全体
  • トップケース
  • バッテリー

キーボードに関しては、タイピング感が全然違うのでちょっとした修理と言うよりは、根本的に変わったと言う印象。本来のMacBook Proの2016年モデルは第2世代のバラフライキーボードですが、現行の第3世代キーボードに変わっている?かもしれません。

タイピング中のタイプ音が明らかに小さくなっており、タイピングがしやすくなりました。知り合いに第3世代のバタフライキーボードを搭載しているMacBook Proを持っている人がいるので、今度検証してみたいと思います。

トップケースとバッテリーはキーボードと一体型になっているようなので、キーボード交換をすると強制的に交換になるようです。

充放電回数が2回!やった新品や!

今年の12月でこのMacBook Proもまる2年経つので、このタイミングでバッテリーが新品になったのは本当に嬉しいサプライズ!まだまだ後何年も使える!

ちなみに、今回の修理報告書に書いてある交換部品の型番を検索してみると、外国のサイトですが、新品が499ドルで売られているので約5万円分の修理が無償で行われた事になります。

新品だと499.95ドルで売ってる。

韓国語キーボードが日本語キーボードになった!

実は、学生の時に韓国へ留学していた俺は、このMacBook Proを購入する時に何をとチクるったか韓国語キーボードを選択していました・・・・。

日本語は見なくてもタイピング出来るけど、韓国語はキーボード見ながらじゃないとタイピング出来ないからです・・・。

以前のパソコンには、日本語の上に韓国語シールを貼っていました。

新品でMacBook Proを買おうとしたら、韓国語も選択出来たので選択したものの、ひっじょーーーーに使いづらい。なぜか?

日本語と英数の変換がひとつのボタンで出来ない!日本語キーボードなら当然、英数ボタンとかなボタンで変換が可能なんですが、韓国語キーボードの場合には当然かなボタンなんてありません。

Controlとスペースを一緒に押さないと日本語と英数の切り替えが出来ないんです!これが本当に辛くて、これだけのためにMacBook Proを買い替えたいとまで悩んでいたんですが、今回のキーボード修理プログラムで「韓国語キーボードが在庫切れで取り寄せるなら時間がかかる。日本語キーボードでいいならすぐ出来ますよ」と言われていたので日本語キーボードを選択!

神様ありがとう!本当に使いやすい!ほとんど居ないと思いますが、もし万が一、日本語の使用がメインなのに韓国語キーボードを買おうとしている人がいれば、絶対におすすめしないので考え直して下さい!まじめんどくさいですよ!

韓国語キーボードが欲しい人は、キーボードカバーにしましょう。

修理プログラムがまだの人は、出すのがおすすめです。

キーボード修理プログラムに出すと、キーボード一つだけではなく、キーボード自体が交換になるので、合わせてトップケースとバッテリーも新品になりました。

他の人も絶対とは言えませんが、恐らく同じ修理方法になると思うのでバッテリーのヘタりを感じているような人は、修理プログラムに出す事をおすすめします。

今回約2週間かかりましたが、俺のMacBook Proが韓国語キーボードで在庫がなかったのが関係していると思うので、本来であれば1週間かからずに戻ってくると思います。

キーボード修理プログラムは、購入から4年しか適用されないので、対象製品を使っていて、修理がまだの人には非常におすすめです。

あと、韓国語キーボードで後悔した人にもおすすめ・・・。在庫あったらそのまま韓国語で帰って来ちゃいそうだけど・・・。