MENU

LINEテレビ電話は完全無料じゃない!通信データ量を消費しない裏技!

LINEって無料で使えるけど、実際無料じゃないのって知ってる?

え?完全に無料でしょ?トークも通話もビデオ通話も

確かにLINEアプリの利用は無料なんけど、データ通信量は無料じゃないでしょ?!

特に映像で会話が出来るLINEビデオ通話はデータ通信量も多く、契約しているプランによってはすぐにデータ通信制限になることもあります。

今日は、LINEビデオ通話を何時間使ってもデータ通信量がかからない方法を紹介します。

LINEMO

目次

LINE通話/ビデオ通話の何にお金がかかる?

現在、誰かと連絡を取ろうとした場合、電話やメールではなくLINEを使うという人がほとんどではないでしょうか?

LINEはメッセージのやり取り・通話・ビデオ通話と、データ通信を利用して使うことが出来るアプリです。

LINEの利用料金は無料ですが、データ容量を消費するので実際にはデータ使用量がかかっており完全に無料なわけではありません。

使用するのは無料だけど、データ通信にお金がかかるってことね。

LINEのデータ通信量はどのくらい?

実際にデータ通信量の料金は契約している通信会社やプランによって変わりますが、LINEを使った場合のデータ使用量を調べてみました。

LINEビデオ通話を10分した場合

LINE通話を10分した場合

時間LINE通話LINEビデオ通話
10分13.1MB232MB
30分39.3MB696MB
60分78.6MB1,400MB(1.4GB)

LINE通話であれば1時間で約78MBとデータ使用量は少ないですが、ビデオ通話の場合は1時間で1.4GBと多くのデータ通信量を消費する結果になりました。

毎日1時間のLINEビデオ通話をした場合は、1ヶ月で40GB以上のデータ通信量がかかる計算になります。

LINE通話/ビデオ通話のデータ消費無しで使うには?

LINEでビデオ通話を良くする人は、契約しているデータプランを大容量の物にプランにしたり、Wi-Fi環境のある場所で使うなど、データ使用量を節約していると思います。

しかし、データプランを大容量の物にすると月額料金が高くなるし、自宅にWi-Fiを繋ぐとなると、固定インターネット回線やポケットWi-Fiなど、お金を払って契約する必要があります。

そこで今回紹介するのが、Wi-Fiがない場所でもLINE通話や、LINEビデオ通話を無料で使う方法になります。

それは、ソフトバンクのサブブランド「LINEMO」を使うという方法!

LINEMOを使うと、なぜLINEのサービスが無料で使えるようになるのか?LINEMOとはどんなサービスなのか?詳しく説明していきます。

LINEMOとは?どんなメリットがある?

LINEMOにはLINEギガフリーというサービスがどのプランにも付いており、契約プランのデータ容量とは関係なくLINEのサービスが使い放題になります。

LINEMOを使えば、データ消費が多いLINEビデオ通話をどれだけ使ってもデータ消費無しで使えます。

その他にもLINEMOのメリットは多くあるのよね。

LINEMOのメリットとは?
  • LINEギガフリーでLINEサービスが使い放題
  • 月額料金がお得
  • 高品質なソフトバンク回線を使用
  • eSIMに対応

LINEMOは格安SIMと同じ料金帯で、ソフトバンクと同じ高品質の回線を使えるメリットが多いプランですよ。

LINEMOのギガフリーはどれだけ使っても無料

今契約している通信会社をLINEMOに変えれば、LINE通話・LINEビデオ通話がデータ通信量の消費なしで使うことが出来るようになります。

LINEMOは、ソフトバンクが提供している低料金プランで、以前あったLINEモバイルのサービスと統合して作られた通信ブランドです。

LINEMOには、LINEのサービスのデータ通信量のを0にしてくれる「LINEギガフリー」と言われるサービスが付随されています。

LINEMOには3GBと20GBの2つの容量のプランが用意されていますが、どちらのプランでもLINEギガフリーに対応しているので、LINEのサービスをどれだけ使っても、データ容量を消費しません。

また、契約プランの容量を使い切った場合には、通信速度制限になりますがLINEのサービスは対象外なので、データ容量を使い切った場合でも快適にLINEビデオ通話などをする事が可能。

LINEMOのLINEギガフリー対象サービス
  • LINEトーク(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画などの送受信)
  • LINE通話
  • LINEビデオ通話
  • Face Play
  • 各タブトップの表示
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • タイムラインの表示・投稿・シェア
  • ディスカバー(写真・動画)の表示
  • ウォレットタブのLINE Payの利用
  • ウォレットタブのLINE家計簿の利用
  • 設定および各項目の表示・編集
  • 友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
  • プロフィールの表示・編集・投稿
  • 検索の利用

つまり、LINEMOを使えば、月に100時間でも200時間でもLINEビデオ通話で話をしてもデータ通信量が消費しないという事になります。

LINEビデオ通話を毎日使う人にはありがたいサービスですよね。

LINEMOは、当月分のデータ使用量や契約内容などがLINEで確認することが出来ます。

私の場合は20GBのスマホプランに入っていますが、今月は12.25GBを使って、そのうちLINEギガフリー対象が2.02GB、残りのデータ容量が9.77GBとひと目で確認できます。

この記事を書くために、敢えてWi-Fiを切ってLINEビデオ通話をしたんですが、1時間半くらいで2GBはやっぱり消費量デカイですね・・・。

LINEMOの料金とプラン

LINEMOの料金プランは非常にシンプルで、月額900円のミニプランと、月額2,480円のスマホプランの2つしかありません。

この2つのプランのどちらを選んでも、LINEギガフリーサービスが付いてくるので、LINEのサービスが使い放題になります。

ミニプランと、スマホプランの違うはデータ容量と月額料金意外にもあり、契約プランのデータ容量を使い切った場合の通信速度制限が違います。

ミニプランの場合は、3GBを超えたら300Kbpsに制限されるのに対して、スマホプランの場合は20GB超えた場合には1Mbps以下に制限されます。

契約プランのデータ容量を使い切ると、通信速度制限にかかりますが、LINEギガフリー対象のサービスは通信速度制限時でも、制限に関係なく快適に使えるようになっています。

当然300Kbpsに比べたら、1Mbpsの方が3倍以上速いけど、目くそ鼻くそレベルの違いだと思います・・・・。

普通に3GBプランか20GBプランの、自分に合ったプランで選べばいいと思います。

データ通信は高品質なソフトバンク本家の回線

LINEMOはソフトバンクのサブブランドで、本家ソフトバンクと同じ品質のデータ通信が行えるのが特徴です。

格安SIMの場合でも、大手のdocomo・ソフトバンク・auのデータ通信を使っているので、使えるエリアに関しては同じですが、通信速度は貸し出し用になっているので、朝や昼の混雑時間帯などは通信速度が遅くなったりします。

格安SIMの遅さに辟易したことがある人は多いんじゃないかな〜

大手のdocomo・ソフトバンク・auはMNOと呼ばれ、自社で回線を持っている会社なのに対して、格安SIMはMVNOと呼ばれ、MNOから回線を借りてサービス提供をしています。

格安SIMは契約者の人数によって、MNOから借りるデータ量を決めて運営していますが、本家のMNOよりも月額料金を安く提供しているので、当然本家MNOを超える通信速度は出ないし、同等の速度も出ません。

LINEMOはソフトバンクが自ら格安SIMレベルの料金で、本家ソフトバンクと同じ通信速度を提供しているちょっとずるいサービスです。

格安SIM潰し的なサービスですよね・・・・。

ソフトバンクが勧めている5G化もLINEMOはしっかりと対応しているので、格安SIMに乗り換えが不安な人でもLINEMOであれば、ソフトバンクと変わらない通信速度・エリアで使うことが出来ます。

eSIMに対応!サブ回線に相性抜群のLINEMO

LINEMOはeSIMにも対応しているで、デュアルSIM対応のスマホを持っている人はLINEMOのミニプランをサブ回線として契約してもお得に使えます。

スマホは通信情報が入っているSIMカードを指すことで、電話やデータ通信が行えるようになります。eSIMは物理的なSIMではなく、デジタルなSIMで入れ替えることなく使えるSIMになります。

もちろんメインの回線としてLINEMOを使うのも問題ありませんが、現在契約している回線が家族割などの適用対象で、乗り換えが出来ない場合には、サブ回線としてLINEMOのミニプランを契約すれば月額990円でLINE仕放題のスマホが完成します。

もちろん。eSIMだけじゃなくて普通の物理SIMにも対応していますよ!

LINEMOはiPhoneとの相性も抜群

日本人が使っているスマホの半分近くがiPhoneと言われていますが、iPhoneはLINEMOとの相性も良い通信会社です。

iPhoneは2018年に発売されたiPhoneXS以降のモデルであれば、物理SIMとeSIMのデュアルシムが出来ます。

私はメイン回線がLINEMOで、サブ回線が楽天モバイルというデュアルSIM体制です!

楽天モバイル」は、毎月1GBまでは無料で電話がかけ放題なので通話用に、普段はLINEMOの20GBで快適な通信とLINEビデオ通話のギガフリーという感じで使っています。

データ通信量が少ない人は3GBのミニプランでもいいかもね。楽天モバイルと組み合わせれば月額990円で電話もLINEもし放題の無敵スマホが完成!

こんな人にLINEモバイルはおすすめ

  • 恋人と毎日LINEビデオ通話をしている
  • 単身赴任で家族と離れている人
  • 自宅にWi-Fi環境がない人
  • 子供のスマホデビューに

LINEサービスの中でも特にLINEビデオ通話はデータ消費量が激しいので、頻繁にLINEビデオ通話を使う人はLINEMOがおすすめです。

ミニプランであれば月額990円でLINEサービスが使い放題になるので、子供のスマホデビュー用としても良いかもしれません。

今回は、実はお金がかかるLINEサービスを完全に無料で使う方法を紹介しました。LINE以外のサービスもソフトバンク回線で快適なLINEMOはメインで使うのにも普通におすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる