ガジェット

iPad miniをカーナビ化してみたよ!おすすめアプリや車載方法!

カーナビが使いづらいと思ったことはありませんか?目的にを入力するのにもダイヤルをカチカチしたり、モッサリしたタッチパネルをポチポチしたり・・・。

新しい道がマップに入ってなくて更新しようとすればディーラーに行って数万円を支払う・・・・。

それよりもiPad miniをカーナビの代わりとして使った方が数倍便利!と思ったので、実際にiPad miniをカーナビの代わりに使ってみたので、使い心地や便利だと思ったところをレビューしたいと思います。

iPadがカーナビとしておすすめな理由は?

私はiPad mini5をカーナビの代わりとして使っていますが、もちろんiPadでもiPadAirでもiPad ProでもiPhoneでも、自分が持っているもしくは使いたいと思っている端末を使えば良いと思います。

 

乗ってる車の大きさや好みにもよると思いますが、私の場合には普段使いにもカーナビの代わりにも7.9インチのiPad miniが丁度良いサイズだったのでiPad miniをカーナビの代わりとして使っています。

 

iPadをカーナビにすると便利なところ
  1. マップが常に最新
  2. 目的地設定が楽
  3. カーナビ以外に動画視聴などにも便利
  4. 専用カーナビよりも価格が安い

 

マップが常に最新!

iPadをカーナビ代わりに使う場合には、グーグルマップやヤフーカーナビなどを使うことが多いとおもいますが、主要道路の場合には即日反映される事もあるほど更新頻度は高く、新しく出来た道でも安心して走る事が出来ます。

 

車を購入した時に付けたカーナビの場合などは、半年に1回ディーラーに点検に行く時や、自分で更新する場合でも3ヶ月に1回など、更新頻度が遅く新しい道で迷う可能性も高いですよね。

 

おれ
おれ
先日埼玉から千葉に行こうと思った時に、純正のカーナビを使ったら東京外環の新しい区間が反映されてなくて降りる場所がわからなかった!

 

iPadなら目的地設定が簡単に!

完全に目的地が決まっている場合には、純正のカーナビでも住所なり電話番号を打ち込めば目的地設定が簡単に出来ますが、iPadであれば「おいしいラーメン屋」などでGoogle検索をしてそのまま目的地にするような使い方が可能です。

 

純正の専用カーナビだと、電話番号検索してもデータが入ってなかったり、新しいお店なんかが入ってなかったりと色々と不便ですが、iPadであれば目的地設定が非常に楽です。

 

iPadならカーナビ以外にも色々便利!

iPadをカーナビにすると便利な理由が、もともとカーナビではなくタブレットなのでカーナビ以外にも色々な事が出来る点です。

 

▼例えばカーナビと同時に、Applemusicを表示させたり

 

▼もちろんiPadなので、You Tubeを見る事も出来るので分かっている道でカーナビが必要ないのであれば同乗者の暇つぶしにもなります。

おれ
おれ
運転中に自分で見たりするのは危ないから止めてね!

iPadをカーナビとして使う場合におすすめなアプリは?

iPadをカーナビ代わりとして使うメリットは沢山ありますが、iPadでカーナビと言ってもカーナビアプリにどれを使うかで使い勝手は大きく変わります。

無料で使えるカーナビアプリの「ヤフーカーナビ」と「グーグルマップ」の2つを実際に使ってドライブしてみたので、それぞれの使い勝手をレビューしたいと思います。

 

iPadで使うヤフーカーナビの使い心地は?

ネットで調べても評判が良いヤフーカーナビは、ヤフーIDさえあれば無料で使うことが出来るカーナビアプリです。

今回は東京の府中市から千葉県の流山までヤフーカーナビの案内を頼りにドライブしてみました。

 

ヤフーカーナビのおすすめポイント
  • 完全無料で利用可能
  • JARTIC交通情報も利用可能
  • 駐車場の空をリアルタイム表示
  • 渋滞情報や工事情報も表示される

 

▼ヤフーカーナビはおすすめ・高速優先・一般優先の3ルートを検索してくれるので自分の好みのルートを選択

 

▼高速道路の出口も2画面表示で分かりやすく表示してくれます。

 

▼設定画面で地図上に表示するマークを選ぶことが出来ます。

 

▼コンビニや、ガソリンスタンド、ファミレスなどを画面上に表示出来ます。新しく出来た店舗でも反映が早いが専用カーナビと違って良いポイント!

 

おれ
おれ
逆にヤフーカーナビを使ってみて感じた不満点としては、若干曲がる道の案内が遅い点と、何か設定を変更したい時に、ルート案内を終了しないと出来ない点です。まぁ無料って考えれば大した不満ではないんですが!

 

iPadでグーグルマップカーナビを使うと?

スマホで地図を見る時にはグーグルマップを使う人も多いと思いますが、グーグルマップにはカーナビ機能も付いています。

グーグルマップでカーナビも実際に試してみたので、使い勝手を簡単にレビュー!

グーグルマップのよいポイント
  • 完全無料で利用可能
  • Googleで検索した場所にワンタッチで目的地設定できる

 

▼グーグルマップもルートがいくつか出てくるので、自分の好きなルートを選べます。もちろん高速道路を使う使わないの設定も可能!

 

 

▼地名の表示がダサい!

 

▼グーグルマップの最大の欠点!案内がバカ!なんとなく知ってる場所で、いつもと違う道に行かせようとするので行ってみたら、隣に混んでない大きな道があるのに狭くて通りづらい道を案内されました・・・・・。

 

▼それでも検索から直接目的地を設定出来るのはグーグルマップだからこそ!

 

おれ
おれ
正直なところ、カーナビとしての完成度であればヤフーカーナビのほうが完成度は高いと思いますが、Googleで検索して経路を選択すればそのまま目的地設定が出来るのはめっちゃ便利ですね!

 

iPad miniをカーナビ化するなら絶対にセルラーモデル

すでに持っているiPadをカーナビ代わりとして使いたい場合には、残念なお話ですがiPad単体で通信が出来るセルラーモデルでないとカーナビとして使うには微妙です・・・。

 

iPadシリーズには、simを入れて通信が出来るセルラーモデルと、WiFiに接続して使うWiFiモデルがありますが、セルラーモデルに付いているGPSがWiFiモデルには付いていません。

 

WiFiモデルでも外付けでGPSを取り付けることが出来るようですが、セルラーモデルのほうがカーナビ以外でも外に持ち歩いて使うときには便利なので、これから買う人はセルラーモデルを強くおすすめしますよ!

 

 

iPadをカーナビとして使う場合のデータ通信量は?

GPSが付いているセルラーモデルのiPadであれば、ネットに接続する方法はsimを入れてもポケットWiFiでもどちらでも良いんですが、実際にカーナビを使った場合のデータ通信量がどのくらいなのか気になりますよね?

 

カーナビとして使う場合には、長時間使う事が多いと思うのでその間ずっとデータ通信しているとどのくらいデータ通信量がかかるのか測定してみました。

 

▼ヤフーカーナビを3時間使った時のデータ通信量46MB

 

▼グーグルマップを2時間使った時のデータ通信量35MB

ヤフーカーナビにしろ、グーグルマップにしろデータ通信量自体は少なく、1時間あたり15〜17MB程度しかりません。10時間使ったとしても150MB前後なのであればデータ通信量を気にしながら使うほどではありません。

iPadをカーナビとして使う場合におすすめの通信方法は?

カーナビアプリのデータ通信量自体は大した事がありませんが、少ないといえどiPadをデータ通信出来る状態にしないと基本的にカーナビとして使う事が難しくなります。

 

iPadのセルラーモデルをデータ通信できる状態にするには3つの方法があります。

 

  • スマホのテザリング機能を使う
  • iPadにsimを挿して使う
  • ポケットWiFiでWiFiに接続する

 

この3つの中で1番手軽に出来るのはスマホのテザリング機能を使ってiPadをデータ通信する方法です。

 

スマホのデータ容量の契約プランにもよりますが、1時間あたり15〜17MB程度しか使わないカーナビアプリであればテザリングでも問題ないと言う人が多いんではないでしょうか?

 

iPad専用のsimを契約したり、ポケットWiFiを契約する場合には新たにお金がかかりますが、You Tubeなどの動画配信やApple musicなどを車のなかで利用したいのであれば、データ通信量が多くかかってしまうので、テザリング以外の方法を考えた方がトータルではお得に使えます。

 

格安simの「BIGLOBEモバイル」には、You Tube・U-NEXT・Apple musicなどのデータ通信量が0になるエンタメフリー・オプションというサービスがあるので、使いたいと思っているアプリやサービスがエンタメフリー・オプション対象であればお得に使うことが出来ます。

 

エンタメフリー・オプションを公式サイトで確認

 

 

おれ
おれ
車の中でデータ通信をしたい場合には、こちらの記事におすすめの方法が書いてあるのでこちらのも参考してね

👉車で中でインターネット接続するには?YouTubeや音楽再生がしたい!

iPadをカーナビとして使う場合の車載方法は?

私が使っているiPad miniでも車によっては設置場所に困る事もあると思います。もちろん乗っている車にもよりますが、私の場合にはロードスターに乗っており、ただでさえ車内が狭いですが、マニュアルなので置き場所にによっては運転の邪魔になってしまいます。

 

iPadなどのタブレットを車載化するホルダーなどは沢山売っていますが、ロードスターの場合にはスペースの問題があり取り付けが難しそう・・・・という事でシンプルにアイパットを取り付けるために私がやっている方法を紹介したいと思います。

 

▼私が使ったのが、このマグネットスマホホルダー

 

▼これを運転の邪魔にならない場所に付けて(強力な両面テープ)

 

▼iPad miniにはケース側にマグネットを装着

 

▼シフトレバーの操作にも邪魔にならず

 

▼ハザードを押す時も問題なし!

 

▼完成!純正のカーナビの邪魔にもならない!

 

私が乗っているロードスターにはマグネットスマホホルダーとiPad miniがベストですが、iPadの種類や乗っている車によってもっと良い取り付け方は有ると思いますが、ごつい車載ホルダーなんかよりは見かけもよく、取り外しも簡単なのでおすすめです!

 

おれ
おれ
マグネットホルダーは2個使ってるけど、運転中にずれるような事はないよ!