【RP-PB187】RAVPowerの70,200mAhポータブルバッテリーレビュー!

アウトドアにも災害用にも、1台あると安心のポータブルバッテリーですが、モバイルバッテリー・ポータブルバッテリーを多数販売しているメーカーの「RAVPower」から新製品のRP-PB187が発売になりました。

今回、RAVPowerから提供にてRP-PB187を頂いたので、詳しくレビューしていきたいと思います。

  • 70,200mAhの大容量バッテリー
  • パススルー充電対応
  • typeCでの充電に対応
  • クーポン利用で24,999円(5,000円オフ)

クーポン利用で5,000円オフ「PB187ORA160」2020年7月31日まで

目次

RAVPower RP-PB187で何が出来る?

ポータブルバッテリーとは、そのまま持ち運べる電源という意味ですがポータブルバッテリーであればどれも同じと言うわけではありません。

バッテリー容量・サイズ・出力など各社から色々な物が発売されています。今回紹介するRP-PB187のスペックを紹介すると

RP-PB187 スペック詳細
重量2.5kg
サイズ
130 x 130 x 189mm
バッテリー容量
70200mAh/252.7Wh
インターフェース
AC×2・PD・DC・USB typeA×3・USB typeC(Power Delivery 3.0)
AC出力
最大300W. 250W定格
DC出力
12V/10A, 最大120W
USB typeA出力
5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A, 最大18W(×1)
5V/2.4A, 最大12W(×2)
USB typeC出力
(Power Delivery 3.0)
5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 最大PD60W

 

記号を羅列されても良くわからない人もいると思うので、わかりやすく説明すると

  • AC出力=コンセント。一口250W(2口合計300W)までのコンセントで使う電化製品が使えます。
  • DC出力=パソコンなどに採用されている丸形の電源(RP-PB187の付属充電器がこれ)
  • USB typeA=スマホの充電口などに使われている一般的な規格
  • USB typeC=スマホの他にパソコンへの充電などにも使われる高出力が可能な規格

RP-PB187には合計4種類で7口の出力口がありますが、コンセントが使えるので300Wまでであれば、色々な物が使えます。

▼扇風機も動きます。

▼電気毛布もOK

電気毛布や扇風機が使えるので、夏でも冬でも災害時で電気が使えない場合や、車中泊なんかにも便利。

↓ポータブル冷蔵庫もOK(200W)

↓小型の炊飯器も使える(200W)

RP-PB187の付属品と細部チェック

RP-PB187は70,200mAhのバッテリー容量ですが、シンプルなデザインと、このクラスにしては小型なサイズになっています。

コンセントが使えるAC電源×2を搭載

▼上部には持ち運びに便利な取っ手と、AC出力口が2つあり、1口250Wまで合計300Wまでの出力に対応しています。真ん中にあるポッチを長押しするとAC出力モードになります。

ひと目で分かるバッテリー残量ランプ

▼正面には5つのLEDランプがあり、5つ点灯していると81%以上。4つで61%以上。3つで41%。2つで21%以上。それ以下だと1つ点灯になります。

最大18WのUSB typeAと最大60WのUSB typeC

▼側面にはUSB typeA3口とtypeC1口。typeAはismartという充電したい機器に合わせて自動的に最適な電力を流してくれる機能が付いています。一番右のみ最大18Wまでの出力に対応。残りの2つは12Wになっています。

typeCに関しては、最大60Wまで対応しているのでノートパソコンなどの機器にも充電が可能です。

暗闇でも便利なLEDライト

LEDライトと電源ボタン。LEDライトは常時点灯・SOS点滅・ストロボ点滅の3パターンあります。

▼写真で見るとそこまでに見えますが、実際にには結構強い明かりになっています。

ファン搭載で高温からの保護

▼背面には、冷却用のファンとDC出力・入力口が付いています。ファンは本体の温度が50℃を超えると冷却のために回りだします。

DC端子とtypeCで本体へ充電可能

▼付属している専用の充電器はDC端子になっているので、背面のDC口に差して本体を充電する事が出来ます。ちなみに専用のDC充電器を使ってバッテリー切れの状態から満タンにするまでは6時間程度です。

▼ちなみにtypeCケーブルも付属していますが、typeCでの充電にも対応しています。一般的にポータブルバッテリーは専用充電器のみでしか充電できない物が多いので、これは大きなメリット。付属しているのはtypeCケーブルのみなので、充電器に関しては自分で用意しましょう。出力が大きい物のほうが充電が早く出来ます。

持ち運びに便利な専用収納ケース

持ち運びに便利な専用の収納ケースも付属しています。このケースは中が柔らかい緩衝材で覆われているので、持ち運び時に多少の衝撃が加わっても本体を守ってくれます。

肩紐も付いているので、キャンプなど荷物が多い時に両手が塞がっていても持ち運ぶ事が可能!

RP-PB187はパススルー対応でソーラーパネルとの相性も抜群

RP-PB187の特徴の1つとして「パススルー充電」に対応している点があげられます。パススルー充電とは、RP-PB187本体に充電中も他の機器にも充電が出来る機能です。

▼充電しながら出力も出来るのがパススルー機能

自宅で充電して、他の場所で使うのであれば問題ありませんが、例えばバーベキューやキャンプ・災害時にソーラーパネルと組み合わせて使いたい場合などにはパススルー機能が重要になってきます。

RP-PB187は70,200mAhのバッテリー容量がありますが、バーベキューなどでポータブル冷蔵庫を使いたい場合はバッテリーが足りなくなってしまいます。

ソーラーパネルがあれば、RP-PB187に充電する事ができますが、充電中に出力できないと冷蔵庫を止めないとだめですがRP-PB187はパススルー機能が付いているので、充電しながら冷蔵庫も使うことが出来ます。

残念ながら現時点で、RAVPowerからRP-PB187対応のソーラーパネルは販売されていません。RP-PB187の充電には80W以上のソーラーパネルが推奨されているので、ソーラーパネルと組み合わせて使いたい場合には他のメーカーの物を使いましょう。

RP-PB187のイマイチなポイント

RP-PB187を数週間使って、ちょっと残念だと感じたのはファンが結構うるさいという点。

50℃を超えるとファンが回り出すんですが、静かな部屋で使っている場合には少々うるさいと感じる音です。

RP-PB187はポータブルバッテリーなので、静かな部屋で使うような場面はあまりないと思いますが、車中泊などで使いたい場合少し気になるかもしません。

出力が大きな電気機器を使うとファンが回りだしますが、スマホの充電程度の使い方でファンが回ることはありません。

Amazon専用クーポン利用で5,000円引き

期間は短いですが、2020年7月31日23時59分までの購入で、5,000引きになる読者専用クーポンを発行してもらいました。

本来29,999円のRP-PB187が24,999円で購入できるチャンスなので、欲しい方はこの機会をお見逃しなく!

クーポン利用で5,000円オフ「PB187ORA160」2020年7月31日まで

RP-PB187まとめ

災害時・キャンプ・バーベキュー・車中泊など、ポータブルバッテリーが一台あれば色々な用途で持ち運べる電源として重宝するのは間違いありません。

今年の夏は梅雨が長く、多大な被害もでています。一家に一台もっておけば安心だと思いますよ!

RAVPowerの30,000mAhモバイルバッテリーもレビューしているので、こちらも参考にしてくださいね!

あわせて読みたい
【RAVPower RP-PB055JP】30,000mAhAC出力付きのモバイルバッテリーレビュー!
【RAVPower RP-PB055JP】30,000mAhAC出力付きのモバイルバッテリーレビュー!高性能なモバイルバッテリーを多数販売しているRAVPowerから、新製品の30,000mAhの大容量、100Wの高出力モバイルバッテリー「RP-PB055JP」が発売されました。ACコンセ...

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる