【RAVPower RP-PB055JP】30,000mAhAC出力付きのモバイルバッテリーレビュー!

高性能なモバイルバッテリーを多数販売しているRAVPowerから、新製品の30,000mAhの大容量、100Wの高出力モバイルバッテリー「RP-PB055JP」が発売されました。

ACコンセントを装備しているモバイルバッテリーなので、スマホやタブレットの充電だけではなく、コンセントを差して色々なものを動かす事が出来ます。

今回はレビュー用に提供してもらえたので、実際に使ってみてレビューをしてみました。

目次

RP-PB055JPはAC出力搭載モバイルバッテリー

RP-PB055JPは100WのAC出力(コンセント)があるモバイルバッテリーになります。

つまり、スマホやタブレットは当然として、パソコンや100Wまでの電化製品も動かす事が出来るモバイルバッテリーになります。

もちろんPSEマークも取得してある製品で、111Whなので飛行機への持ち込みも可能なモバイルバッテリーです。

RP-PB055JP
バッテリー容量30,000mAh
重さ998グラム
サイズ17.8×13.8×4.6
AC出力
110V~120V/60Hz
150W最大/100W 定格
PD入力
5V/3A, 9V/3A, 12V/3A
15V/3A, 20V/2.25A
最大PD 45W
PD 出力
5V/3A, 9V/3A, 12V/3A
15V/3A, 20V/3A
最大PD 60W
iSmart1
出力: QC3.0 5V/3A, 9V/2A
12V/1.5A, 最大18 W
iSmart2
5V/2.4A, 最大12 W

RP-PB055JPはtypeCケーブルでの充電(入力)が可能!

実は、RP-PB055JPのようにバッテリー容量が多く、出力が高い家電製品が使えるモバイルバッテリーは他にもたくさん販売されています。

私が実際に使って一番気に入ってるポイントは、RP-PB055JPへの充電時に専用の充電器が必要ないところです。

どういうことかというと、従来AC出力(コンセント)があるタイプのモバイルバッテリーは、モバイルバッテリーへの充電をするときに専用の充電器が必要だったんです。

▼RP-PB055JPの旧モデルRP-PB055は、出来る機能はほぼ変わらりませんが、充電に専用のACアダプター充電器が必要。

▼同じくRAVPowerのAC出力対応の20,100mAhモバイルバッテリーRP-PB054も専用のACアダプターが必要

つまり、モバイルバッテリーの充電が切れた場合に、専用のACアダプターがなければ充電出来なかったんです。

ACアダプター自体も結構大きな物が多く、外出先で充電する可能性がある場合には専用のACアダプターを持ち歩く必要がありました。

それが、今回のRP-PB055JPからは、typeCケーブルでの充電が可能になったので、車の中でも友人宅でも勤務先でも、typeCケーブルさえあれば充電が可能になりました。

こんな感じで身近にあり、手に入りやすいtypeCケーブルでの充電が可能になったので、今までのAC出力タイプのモバイルバッテリーよりも飛躍的に利便性が高くなっています。

RP-PB055JPの付属品&外装チェック

RAVPowerの最新モバイルバッテリーRP-PB055JPは、持ち運びを考えたモバイルバッテリーとしては、結構ギリギリな大きさをしていると思いますが、スマホの充電はもちろん

100W出力のAC電源付き(コンセント)で、ノートパソコンも軽々充電出来るので、日常使い以外でもキャンプやバーベキューなどでも簡単な電気製品を動かすのに使う事が出来ます。

おれのアイコン画像おれ
付属品と外装チェックしていくよ〜!

モバイルバッテリーの中では重い部類に入るので、ケースもファスナー付きのクッション性があるしっかりした物が入っています。

付属品は、モバイルバッテリーRP-PB055JP本体と、説明書・保証書、専用ケーブル、クッション性があるメッシュの巾着袋

ファスナー付きのケースの方が防御性能は高いですが、気軽に持ち歩くときはこっちのメッシュ袋の方がいいですね。

入力にも出力にも使える両端typeCのケーブルも付属

重量はぎりぎり1キロは割っています。ここらへんの重さがかばんに入れて持ち歩ける限界サイズですね。

出力&入力はすべて片側のサイドに左からUSB-C PD3.0ポート・iSmartポート×2・AC出力(コンセント)になっていますが、ACとPDポートの同時出力は出来ません。

AC部分はホコリの侵入防止蓋がついていますが、外すとこんな感じ。

反対側にはファンが内蔵されていて、50度を超える温度になると周り出します。スマホやタブレットの充電程度では回りませんが、MacBookなどを充電しているとファンが回っている時が多いです。

8つのLEDランプで、残りのバッテリー残量がひと目で確認出来るようになっています。

RAVPowerのRP-PB186JP(10,000mAh)と大きさを比較。100Wまで出力出来るAC電源も付いているし出力があるので、大きさはかなり違います。

RP-PB055JPを実際に使ってみる

実際にRP-PB055JPを使って私が使っているMacBook Pro13インチの充電にどのくらいの時間がかかるか検証してみました。

まずはMacBook Proに付属している純正アダプターと純正ケーブルを使って、0%から100%になるまでの時間を計測してみました。

純正アダプターと純正ケーブルを使った場合の充電満タンまでの時間は1時間45分16秒

次は、RP-PB055JPのUSB-C PD3.0ポートとMac純正ケーブルのペアで試してみました。

結果は1時間45分48秒と、純正のアダプターを使った時と33秒差という誤差といっても良い程度の違いしかありませんでした。

USB-C PD3.0ポートは最大で60Wの出力に対応しているので、61W出力のApple純正充電器とは誤差程度の差しかでませんでした。

身近にある家電製品も動かしてみました。

空気清浄も問題なく動きます。

扇風機も普通に使うことが出来ました。

他にも電気毛布なんかも動かすことが出来るので、車中泊でエンジンを切ったときでもRP-PB055JPがあれば電化製品を動かす事が出来ます。

RP-PB055JPは日常使いやキャンプや災害時にもかおすすめ

モバイルバッテリーは、2,000mAh程度の小型なものから100,000mAhを超える大容量のポータブルバッテリーと言われるものまであります。

RP-PB055JPはモバイルバッテリーと携帯性と、ポータブルバッテリーの大容量のいいとこ取りをした製品です。

持ち歩くことが可能なサイズに、30,000mAhの大容量と便利なAC(コンセント)出力が付いたバランスの良い製品だと思います。

AC出力が付いていて、専用の充電器が必要ないモバイルバッテリーは今までにはない革新的な製品といっても良いと思います。

日常使いに・キャンプに・災害用にと、いろいろな使い方が出来るので、1台持っていれば便利に使えると思いますよ。

 

 

 

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる