MENU

【レビュー】暑さ対策におすすめ!!冷却プレート付きネッククーラーファン

5月でも日中は真夏日になる日も増えてきました。暑い日に外で手軽に涼めるモバイルタイプの扇風機は近年良く見かけるようになってきました。

私自身も毎年のようにモバイルタイプの扇風機を購入して使っていますが、最大の弱点が「手で持っていないと支えない」というところ。

移動中はもちろん。仕事中なんかも風を浴びて涼もうと思うと、必ず片手が使えなくなってしまうので地味に不便・・・。

今まで見た目的に好きじゃなくて敬遠してた首掛け式の扇風機をゲットしたの今日はレビューしたいと思います。

首掛け式の扇風機であれば両手が自由に使えるので、どんな場面でも気軽に涼むことができるよね。

今回レビューする「Karcusiny」の冷却プレート付きネッククーラーファンは、送風だけではなく冷却金属プレートが付いているので、送風だけじゃなく直接体を冷やすことが出来る最強の首掛け式クーラー扇風機になっています。

首に冷たい缶ジュースをあててる感じですよ!

今回のレビューは楽天市場「トビドグ 楽天市場店」からの提供レビューになります。


目次

冷却プレート付きネッククーラーファンとは?

そもそも冷却プレート付きネックファンとはどんな扇風機なのかというと、首に掛けて使う扇風機に強制的に冷える金属製のプレートが付いており、その部分が首筋をヒンヤリと冷やす扇風機です。

まぁ・・・そのまんまなんだけど・・・

ただのネックファンの場合、暑い場所で使っても風は来ますが結局熱い空気を浴びてるだけで、ないよりはマシですが涼しい〜とまではなりません。

今回紹介する「Karcusiny」のネッククーラーファンは首の左右の部分を冷やすことが出来る冷却プレートが2つと、3段階で調整出来るファンが付いているハイブリットタイプの扇風機です。

こういうタイプのネックファンは風は来るけど、暑いところで使えば結局暑い風が来るだけ・・・

金属プレート付きネッククーラーファンも風は冷たくないけど、直接首筋を冷やすから涼しさが段違い!

クーラー付きな分、ただのネックファンよりも値段は高くなりますが、涼しさは段違いなので、コスパは良いと思います。

首を冷やすと効果が高い理由は?

首を冷やすと首だけが涼しく感じる訳ではなく、首には頸動脈と頸静脈という大きな血管があるので、首で冷やされた血液が全身に巡り実際に涼しく感じることが出来ます。

熱中症なんかでも首筋冷やすと効率的に体を冷やすことが出来るからね〜。首筋を冷やすのは暑さ対策として効果が高い!

【Karcusiny】ネッククーラーファン開封!詳しくチェック!

Karcusinyのネッククーラーファンは3段階の風量調整と、ペルチェ式と言われる金属に電流を流すことで冷却することが出来る金属プレートの2つで体を冷やすことが出来るネッククーラーファンです。

付属品はネッククーラーファン本体、充電用のTypeCケーブル、説明書、金属プレート用?メガネ拭き的な布の4点セット。

ネッククーラーファン本体は、なにかの美容器具の様な形をしています。アーム部分は柔らかいシリコン素材になっていてどんな首の太さの人でもフィット感がある柔軟に動くようになっています。

装着時に首の後ろに来るようになっているペルチェ式の金属プレート。柔軟なアームのおかげて首筋にぷたっとフィットし、ヒンヤリ感はしっかり伝わります。

ファン部分はメッシュで覆われているので、髪が長い人でも巻き込まれるような事故が起きづらくなっています。ファンは3段階で強さが調整出来、最大の風量にすると流石に耳元でファンが回っているので音はそこそこします。

静かな部屋で使った場合は気になるけど、外とかで使ってる時は全然気にならないレベルでした。

Karcusinyのネッククーラーファンは、3段階の送風だけのモードと、冷却プレートも併用モードの2パターン使えるので、場面や暑さによって使い分けが可能になっています。

弱風モードで連続10時間の使用が可能

バッテリー容量4,000mAh
連続使用時間1.5時間〜10時間
充電時間3.5時間
重量307グラム

【Karcusiny】ネッククーラーファンを実際に使った感想

5月なのに33度になるなど、すでに真夏日になっているので早くもネッククーラーファンを使う場面が出てきました。

実際に使った感想としては、結論から言ってかなり体が冷えます。

両手が自由になるのはデカい!

首掛け式の扇風機は見た目的に敬遠してきましたが、実際に使ってみて一番メリットに感じたのが両手が自由になるという点です。

どんな場面でも片手が塞がるよりも両手が自由に使えた方が良いと思いますが、キーボードを打つような仕事中でも炎天下に車を洗車したり、バーベキューしたり、庭いじりしたりなど、両手で作業する必要がある場面でも快適に体を冷やしてくれます。

バイクに乗ってるときもペルチェ式冷却プレートは有効

私は普段バイクを使って通勤していますが、バイクって夏は涼しいと思われるんですが実は地獄。確かに走っている限り風を浴びていますが、熱風を切り裂いているだけで涼しくはありません。

首掛け式のネックファンで風を送ったところで、風を浴び続けているバイクに乗っている状態では全く涼しさを感じることがありませんが、冷却プレートは単純に冷たい金属が首に当たっている状態なので冷たさを感じることが出来ます。

バイクだけじゃなくて自転車とかでも冷たさを感じれますね!

ネッククーラーファンのデメリット

逆に実際に使ってわかったデメリットも紹介したいと思います。

重さは結構ある

見た目からも分かるように結構ゴツいんですが、重さも300gちょっとあります。

これはこのKarcusinyのネックファンがクーラー一体型だからということもありますが。長時間使っているとそれなりに重さは感じます。

痛くなったりはしませんが、首に負担がかかるのが苦手な人にとっては、長時間の使用はちょっとつらいかもしれません。

見た目がダサい

通勤がバイクなんで問題ないけど、電車とかだとちょっと使いたいとは思わないですね・・・正直。

ネッククーラーファンはの中でもこのKarcusinyのネッククーラーファンは、ファンの部分が出っ張ってるので宇宙服とかなんかの戦士みたいな、特徴的なデザインになっています。

結構目立つデザインなので、恥ずかしがり屋な人は人前で使うのがちょっと恥ずかしいかもしれません。

Karcusinyネッククーラーファンのまとめ

今回始めてネッククーラーファンを使ってみましたが、結構感激するレベルで涼しく快適でした。

みためがちょっとダサいという欠点はありますが、バイクに乗っているときだったり外で作業するときだったりと、活躍する場面はたくさんあります。

送風だけのネックファンも手軽で良いですが、暑さ対策として考えるのであれば金属プレートが付いたネッククーラーファンは本当にありな選択だと思います。

今年の夏にネッククーラーファンを使ってみたいな−という人は参考にしてみてくださいね〜!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次