ZOOMデータ量は1時間でどのくらい?節約する方法はある?

ZOOMはスマホやタブレット、パソコンがあれば無料で使うことが出来るので便利ですが、ネット環境が必須になります。

自宅にWiFi環境がない人は、データ通信量が気になっていると思います。今回は、ZOOMを使った時のデータ通信量を音声通話のみとビデオ通話でそれぞれ検証してみました!

目次

【ZOOMの音声通話】1時間のデータ通信量

まずは、ZOOMの音声通話のみを利用した場合のデータ通信量を計測してみました。

iPhoneのモバイル通信の「統計情報をリセット」を押してデータ通信量を0にしてから計測しています。

▼ZOOM音声通話1時間した場合のデータ通信量

音声通話時間データ通信量
10分6.75MB
30分20.25MB
1時間40.5MB
3時間121.5MB
10時間405MB
毎日10時間×20日8,100MB(8.1GB)

音声通話のみの場合には1時間使っても約40MBと少ないデータ通信量で使う事が出来ました。

毎日10時間繋ぎっぱなしで、20日間使った場合には8.1GBのデータ通信量を使ってしまうので、契約してるスマホのデータプランによっては使い切って通信速度制限になる人もいるのではないでしょうか?

【ZOOMのビデオ通話】1時間のデータ通信量

ZOOMを利用する時は、音声よりもビデオ通話を使ってる人が多いと思いますが、ビデオ通話に関しては、ZOOMに限らすLINEやSkypeなどのアプリの場合でもデータ通信量が多くなってしまいます。

▼ZOOMビデオ通話1時間した場合の通信量

ZOOMビデオ通話をしてから10分経過時点でのデータ通信量も計測してみましたが、10分で61.1MB、1時間の場合には555MBのデータ通信量が掛かっていました。

おれのアイコン画像おれ
何度か通信量チェックをしてみたけど、結構ばらつきがあって1時間で500MB~600MB程度だった!動きが多かった場合や会話が多い少ないでも違いがあるのかな?
ビデオ通話時間データ通信量
10分92.5MB
30分277.5MB
1時間555MB
3時間1,665MB (約1.7GB)
10時間5,550MB (約5.5GB)
毎日10時間×20日111,000MB(111GB)

ビデオ通話は1時間で555MBのデータ通信量を消費しました。1日10時間繋ぎっぱなしにした場合には5.5GB。

20日間使った場合には111GBという結果になりました。音声通話に比べると10倍以上のデータ通信量が必要になりますが、テレワークで使う場合にはビデオ通話をする人がほとんどなのではないでしょうか?

おれのアイコン画像おれ
スマホのデータ通信制限待ったなし!

ZOOMのデータ量を節約する方法は?

ZOOMでビデオ通話をする場合には、1時間で555MBのデータ通信量がかかるので、スマホのデータ通信ではかなり負担になる消費量です。

ZOOMの通信量を節約する方法はないか調べてみましたが、ZOOMは画質の設定が出来ず、正攻法ではデータ通信量を節約する事が出来ません。

ZOOMのデータ通信量が節約出来ませんが、ネット環境を整える事でデータ通信にかかる費用を抑える事が出来ます。

データ料金が安い格安SIMを使う

ZOOMのデータ量が節約出来ないのであれば、データ量あたりの料金が安い格安SIMを使う事で節約する事が出来ます。

格安SIMに乗り換えるのには初期投資が必要ですが、現在ドコモやソフトバンクなどの大手で契約している場合なら、確実にデータ通信量の料金を節約する事が可能です。

おれのアイコン画像おれ
メインで使ってる番号じゃなくて、データ通信用の回線として契約するのもありだね
ZOOMにおすすめな格安SIM

  • 楽天モバイル
  • Chat WiFi

格安SIMというのは、大手の通信回線を借りて運営している通信会社の事を指していますが、楽天モバイルに関しては最近自社の回線でのサービスを始めたので厳密にいうと格安SIMではなりません。

しかし、現在行われているキャンペーンで、300万人対象の1年間無料キャンペーンを行なっているので、契約するなら今がおすすめです。

楽天モバイルの場合には、データ通信が無制限に使えるという特徴があり、ZOOMを使う場合でも問題なく使うことが出来ます。

データ通信を無制限に使えるのは、楽天の自社回線エリアだけになっており、そのエリア以外では、パートナーエリア回線というauの電波に繋がります。

パートナーエリア回線の場合には、月に5GBまでになってしまうので自宅が楽天エリアなのか確認しましょう。

楽天モバイル 公式ページへ

楽天モバイルの自社エリアでなかった場合でも月に5GBまで無料で使えるので、契約しておいて損はありませんが、ZOOMの使用をメインに考えている場合には5GBで足りない人がほとんどだと思います。

楽天モバイルのエリア外の人で、快適に大容量のデータ通信を使いたい場合には、Chat WiFiというソフトバンクの電波を使ったデータ通信専用の格安SIMがおすすめです。

ソフトバンクの電波を使っているので、日本全国のどこに住んで居ても快適に使えて、月額2,980円で100GBまで使う事が出来るので、大手の通信会社に比べると割安で使うことが出来ます。

Chat WiFi-SIMの場合には、送らてくるのはSIMだけになるので、余っているスマホに入れてテザリングで使うか、SIMフリーのモバイルルーターを用意して使う必要があります。

おれのアイコン画像おれ
初期投資は必要になるけど、データ通信料金は安くなるからすぐにもとは取れるよ

Chat WiFiは契約期間の縛りがないので、必要がなくなった場合にいつでも違約金無しで解約する事が出来るのも大きなポイント

Chat WiFi 公式ページへ

ドコモソフトバンクau
プラン名ギガホメリハリプランauデータMAXプランPro
データ量30GB50GB無制限(テザリング時は30GBまで)
月額料金6,980円7,480円7,480円

楽天モバイルは1年間無料・Chat WiFiは月額2,980円で100GBなので、大手の通信会社と比較すると確実に月額料金の節約をする事が出来ます。

ZOOMの利用頻度が高いなら光回線の導入を

テレワークは一時的なものではなく、今後働き方のひとつとして間違いなく定着します。

これを機会に自宅に光回線を契約するのもおすすめです。モバイル回線に比べて自宅以外で使えないというデメリットはありますが、データ通信量の制限もなく使い放題なので、ZOOMの通信量を基にする必要はなくなります。

スマホ代が安くなる光回線

現在使っているスマホが大手の通信会社なのであれば、セットで契約する事でスマホ代が割引になるのでこれらの光回線がおすすめです。

ZOOMのデータ通信量まとめ

今回はデータ通信量の検証をしてみましたが、ZOOMのビデオ通話の場合には、毎日使うとデータ通信量が100GBを越えるという結果になってしまいました。

100GBを越えるデータ通信量をスマホで使おうとした場合には、どうしても高額な料金が必要になります。

SIMを安い物に変更するか、月額4,000円前後かかりますが光回線を契約するのが結果的にやすくデータ通信を使うコツです。

おれのアイコン画像おれ
大手のモバイル回線はめっちゃ高いからね・・・・!

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる