ガジェット

【zeblaze thor 5】Android搭載の腕時計型スマホレビュー!

zeblaze thor 5は、Android7.1.1を搭載したスマートウォッチで、SIMを入れて4G/LTE通信をする事が出来るので通話もデータ通信も単体でOK

スマートウォッチというよりも、時計型スマートフォンを言っても良い「zeblaze thor 5」を中国の通販サイト「Banggood(バングッド)」から提供してもらったのでレビューしたいと思います。

Banggood日本版公式サイト:https://jp.banggood.com/

zeblaze thor 5販売ページはこちらから

zeblaze thor 5は何が出来るの?

zeblaze thor 5はスマートウォッチですが、先程書いた通り「AndroidOS搭載」と「4G/LTE可能」をする事が出来ます。この2点が出来ると何が出来るかというと

  • 電話・メール・LINE
  • You Tube
  • ウェブ閲覧
  • 音楽鑑賞(AppleMusicなど)
  • 撮影(800万画素のカメラ搭載)
  • 運動などのトラッキング

ここらへんの事は全部することが出来ます。なぜなら・・・・

おれ
おれ
腕時計型なだけで、実際スマホみたいなもんだからね!!

更に特長的なのが、MediaTek MT6739とNRF52840という2つのCPUを搭載していて、スマートウォッチモードと、時計の表示とアクティブロガー機能だけのスマートリストバンドモードの2種類を切り替える事が可能。

スマートリストバンドモードの場合には、最大で4日のバッテリー持ちを可能にしました。

おれ
おれ
普段はスマートウォッチモードでバッテリーが切れそうになったら切り替えるみたいな使い方も有りだね

zeblaze thor 5開封!付属品は?

それでは早速商品のレビューをしていきたいと思います。まずは開封から

▼中国の通販サイトなので、中国から送られてきます。

▼緩衝材に包まれたりはせずに、袋に直接入ってる男らしい送られ方

▼Gショックほどはゴツくなく、スポーツウォッチ風のデザイン

▼充電は専用のPOGOピンタイプ

▼SIMを入れる時に使うドライバーと、予備のネジ2本

▼説明書はオール英語なので、読める人は読んでもいいですが、Androidのスマホを使ってる人なら、説明書がなくても普通に操作出来ます。

おれ
おれ
付属品はシンプルにこれだけ。次はzeblaze thor 5のデザインチェック!

▼まずは正面から、ベゼルの色が黒と青のタイプがあります。これは青いカラーのタイプ

▼右側に800万画素のカメラを搭載しているので、LINEビデオ通話なんかも普通に出来ます。

▼側面には、パワーボタンと戻るボタンの2つ

▼時計の裏側にSIMを入れる場所があるので、付属品のドライバーでネジを緩めてSIMを入れれば外でも通話や電話が出来ます。サイズはナノSIMサイズ

▼充電スタイルはこんな感じ。磁石でくっつくので楽ですが、外れやすいのでいつの間にか外れて充電出来てないと言うこともあるので注意

実際にAndroidのアプリを使ってみた!

Android搭載したスマートウォッチなので、Google Playからアプリをダウンロードする事は可能ですが、解像度の問題などですべてのアプリに対応している訳ではありません。

おれ
おれ
ポケモンGOとかドラクエウォークは出来なかった・・・!

実際にいくつかアプリをインストールして使って見ました〜。

▼You Tubeの動画は思ったよりも見やすい

▼丸形の全画面表示以外にも、四角い画面表示も選べます。You Tube以外のアプリも丸形と四角の両方の表示が選べるので場面で使い分けるのが良いかも。

▼LINEは見るだけなら問題なし!

▼返信しようとすると、文字盤が画面のほぼ全てを占領してしまうので、実際に入力した文字が正しいか確認することが出来ません・・・。

▼LINEビデオ通話は、カメラが自分の方に向いてるので問題なく利用可能。ただし、スピーカーから相手の声がだたもれなので、そとで使う時はBluetooth接続出来るのでワイヤレスイヤホンを使いましょう。

▼LINEツムツムは思ったよりもやりやすかったです。

▼モンスターストライクも出来ましたが、普段やらないのでルールはよく分かりません。

おれ
おれ
使えるアプリと使えないアプリがある。そして使えるアプリだったとしても画面が小さいので快適にとは言えない場合が多い、そこらへんは割り切りが必要ね!スマートウォッチだから!

zeblaze thor 5のスペックは?

zeblaze thor 5のスペックを紹介したいと思います。

zeblaze thor 5スペック
OSAndroid7.1.1
カラーブラック/ブルー
重量70.5グラム
画面サイズ
1.39インチ AMOLED
解像度454*454
CPU
MT6739
Quad core+Nordic52840
RAM2GB
ROM16GB
バッテリー容量
545mAh
LTE対応バンド
1/2/3/5/7/8/12/20/38/39/40/41
SIMサイズnano SIM
防水IP67
対応SIM(回線)
ドコモ系◯・ソフトバンク系◎

zeblaze thor 5で使えるSIM(回線)は?

海外製のスマホなどを使った事無い人は意識した事がないかもしれませんが、スマホごと対応しているLTEバンドという回線の種類が決まっています。

これが対応していないと通信を行うことが出来ません。

zeblaze thor 5の場合には、ドコモやソフトバンクの回線を入れて使うことが出来ます。ドコモ・ソフトバンクだけではなく、そのふたつの回線を利用している格安SIMでもOK

ソフトバンクの場合には、契約しているSIMの種類によってはIMEI制限というロックが掛かっていて使えない場合があります。

その場合には、マルチUSIMカード(F)というSIMカードに変更する必要があるので注意が必要です。

おれ
おれ
ソフトバンクだっる!端末にもSIMカードにもロック掛けてんのかよ!どうりで何回設定しても4Gに繋がらなかったわけだ・・・!

▼手持ちのドコモSIMを入れて使ってみましたが、問題なく電話もデータ通信も可能でした。しっかり4Gをキャッチしてます。

▼意外と通話品質もよく、普通に会話するにも問題なし。

800万画素のカメラ画質は?

カメラに関しては、スマホでいうインカメラの位置にしか付いていないので自撮りやテレビ電話などの時は便利ですが、風景や物の写真を取る時には画面を見ながら取るにはコツが必要です。

おれ
おれ
スマホのインカメラで風景とかの写真撮ろうとすると難しいでしょ?

▼小さいスマホの「ATOM」を撮影。カメラがインカメラしかないので下に置いた物を撮るのは結構大変・・・なんまいも撮りなおしました。

▼車を撮影。実際よりも赤茶けた色に

▼全体的に明るさが足りない画像になっちゃいます。

▼カメラの動画もチェック

 

カメラに関しては、記録用程度に写ってればいいくらいの気持ちで使った良いかも知れません。比べるような物ではありませんが、スマホと比べると画質の粗さは目立っちゃいます。

おれ
おれ
隠し撮りとかに使っちゃだめだよ!

バッテリーの持ち時間と、充電時間は?

スマートウォッチを選ぶうえでバッテリーの持ちを重視している人は多いと思いますが、控えめにいってもzeblaze thor 5はバッテリーが持つとは言えません・・・・。

実際にどのくらい使えるのか検証してみました結果、頻繁に使わない状態でも10時間でバッテリーが無くなってしまったので(そのうち5時間は寝てたのでまったく触らない状態)、1日充電せずに使うのは正直厳しいかもしれません。

おれ
おれ
三段階選べる画面照度を真ん中にしていたので、暗めにすればもう少し持つかな?

追伸・・・画面照度を一番暗いモードにしたら24時間ちょっとバッテリーが持ちました。

▼画面照度を一番暗くしても十分見える明るさ

 

 

 

▼充電時間にしては結構早く、10分で16%

▼1時間で76%

▼1時間23分で100%。充電完了

▼最大4日間充電が持つスマートリストバンドモードのもうまく使えば、1日以上は余裕で持つので、使い方次第ですね。

zeblaze thor 5の操作画面

zeblaze thor 5はスマートウォッチに特化したAndroidを搭載しています。Androidなので自分の好きなランチャー(ホーム画面)アプリを設定する事も出来ますが、初期状態の紹介をしてみたいと思います。

▼時計盤は初期状態で9種類用意されていますが、自分の好きな写真を設定する事も可能です。時計盤は長押しで変更する事が可能。

▼アプリは上下にスライド方式で表示されます。(ポケモンGOとDQウォークはインストール出来ましたが、プレイすることは出来ませんでした)

▼移動距離・消費カロリー・歩数も画面上で確認可能

▼ホーム画面から上にスライドすると、スマホとの連携・飛行機モード・SIMが入ってるか(データ通信が出来る常態か)確認する事が可能。

▼更に右にスワイプすると、画面の照度設定やBluetooth設定、WiFiの設定などの状態確認や設定をする事が可能です。これはスマホと変わらないですね。

まとめ

実は、Android搭載のスマートウォッチは以前にも使っていた事があり、今回のzeblaze thor 5で2台目になります。

前回のスマートウォッチが「LEM T」という大画面のスマートウォッチだったんですが、バッテリーが持つ代わりにサイズも大きく、そして動きがもっさりしていたのも有って今回も期待はしていませんでした。

zeblaze thor 5はサクサクヌルヌルと動くので、良い意味で期待を裏切られました。

Android搭載のスマートウォッチは日本ではマイナーな存在ですが、4G/LTEにも対応しているので通話・データ通信がWiFiに接続しなくても単体でできてしまうので、スマートウォッチの代わりとしても利用可能なのはめちゃくちゃ魅力的!

バッテリーの持ちに少々難がありますが、充電ケーブルもコンパクトなサイズなので持ち歩いて使うならスマホを無くす生活も可能!

昔夢見ていたスパイの腕時計が現実になったようなスマートウォッチ「zeblaze thor 5」はBanggoodで現在156ドル(16,871円)で販売しています。

Amazonや楽天でも取り扱いがあるようですが、2万円は軽く超える値段で販売されているので、購入するのであればBanggoodで購入するのがおすすめです。

現在行われているセールで127.99ドル(約14,000円!)

zeblaze thor 5販売ページはこちら

 

You Tubeでもレビューしているので、よければ御覧ください。くだくだですが・・・