バイクで日本一周に必要なものまとめ!これだけ揃えれば旅に出れる!

バイク乗りなら一度は考えた事がある人も多いと思います。

バイクで日本一周したい

バイク乗りのロマン?車に比べて旅してる感を感じる事が出来るも事実ですが、バイク乗りで日本一周への憧れる人は多いんじゃないでしょうか?

日本一周を楽しく成功させるには、前もって準備をする事が必要です。もちろん日本の言葉が通じて、日本のお金が使える日本一周の場合には、最悪行った先で買い物をすれば良いんですが、事前準備をするにこしたことはありません!

実際に、バイクで日本一周をした私が、バイク日本一周した時に有って良かったもの、絶対必要だったものをまとめて紹介していきたいと思います。

バイクで日本一周する時に必要な物

バイクで日本一周するのに必要な物は思ったよりも沢山あります。もちろんまだバイクを持っていない状態で、これから日本一周を考えている人の場合には、自分の走り方に合ったバイク選びから始めないといけません。

バイク一周におすすめなバイク

もちろん、今乗っているバイクで日本一周するのも無理ではありません。荷物が載らないバイクでも工夫次第で荷物を積んでる人もいますし、排気量の小さい原付きで日本一周をしている人とも実際に多くありました。

これから日本一周をしたい!バイクもこれから買う!という人向けに、私の独断も入ったおすすめバイクを紹介したいと思います。

①ホンダ スーパーカブ (原付き)

言わずとしれた世界に誇る日本の名車!ホンダのスーパーカブです。排気量は50ccからあるので、車の免許しかもってない人でも運転が可能です。

燃費が良い・頑丈・維持費安い三拍子揃ったバイク

たたアクセルを捻ればすすむスクーターとは違う、ロータリーミッションというシステムを採用しているので、始めて乗る時は戸惑うと思いますが、1時間も練習すれば問題なく乗れると思います。

構造もシンプルなので、自分で治す知識がない人場合でもどこのバイク屋さんでも修理してくれると思います。自転車屋さんでもカブを扱っている所があるくらいですからね!

公式サイト:https://www.honda.co.jp/SUPERCUB/personal/type/

小型自動二輪免許がある人なら110cc版もあります。

②ヤマハ セロー250(中型バイク)

ヤマハのオフロードバイクのセロー250です。基本的にオフロードバイクは山道などを走る時に、岩や木がエンジンに当たらないようにシートが高くなっていますが、セローはシート高が低く、身長が低い人でも扱いやすいバイクです。

日本一周で林道なども走りたいと思っている人にはおすすめです。燃費も良く頑丈なので、旅バイクとしての人気もあります。排気量が250ccなので高速道路の走行も可能ですよ。

公式サイト:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/serow/

③ヤマハ XMAX(中型スクーター)

ヤマハの新型スクーターXMAXです。旅バイクにスクーターをチョイスする人が少ないのは、スクーターだと旅感が出ないからなど何か理由があるんでしょうか?

鍵でロックが掛けられるメットインも付いているので、スクーターは便利で快適な旅バイクだと思うんですけどね・・・!

XMAXはヤマハの新開発エンジンBLUE COREエンジンを搭載した最新スクーターで、加速良し燃費良しで、走りも楽しいという万能バイク。中型なので高速も走行できるし、メットインがあるので突然の雨なんかに見舞われた場合でも、濡れちゃいけない物はメットインに入れればOK!

公式サイト:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xmax/

③ヤマハ SR400 (中型バイク)

SR400は実際に俺が乗っていたバイクです。SR400もカブと同じ様に歴史が長く、ヤマハの名車といえるバイクです。排気量は400ccなので高速道路を使っての移動も可能。

SR400もシンプルな作りなので、故障にも強く、燃費も良いので経済的なバイクと言えます。決して速いバイクではありませんが、ゆっくりと走っても楽しいバイクなので、日本一周の良き相棒になってくれる事間違いなし!

公式サイト:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/

日本一周が目的で、これからバイクを選ぶ人なら旅に向いたバイクを購入するのが良いと思いますが、高速道路を使うか使わないかによって排気量を選べば良いと思いますよ!125ccまでの小型自動二輪の場合には、高速道路や有料道路を走れない事もありますが、フェリーなどを利用する場合には、料金が安くなりますよ。

今持っているバイクがどんな種類であろうと工夫をすれば荷物を積むことが出来ると思います。自分の好きなバイク(相棒)で行くのが一番いいと思いますよ!

バイクに荷物を積む積載用具

バイクによって積載量の違いはありますが、日本一周ともなると荷物は結構な量になります。タンクバック・キャリア・サイドバックなど、後付出来る装備を使って積載量を増やす事が出来ますよ。

タンクバック

タンクバックとは、磁石や吸盤を利用してタンクの上に付けるバックの事です。バイクに跨りながら物の出し入れが出来るのと、簡単に取り外し出来るので私は主に貴重品や携帯電話などを入れて使っていました。(カブやスクータータイプだと取り付けできません)

リアキャリア

これがなくては始まらないと言えるリアキャリア。基本的にどんなバイクでも純正もしくは社外品で取り付けれるキャリアがあるはずなので、取り付ける事をおすすめします。渡しの場合には、キャリアの上にホームセンターで売っているBOXをDIYで取り付けて使っていました。

サイドバック

サイドバックは大きさや形によって入る荷物に制限があるので、補助的な役割で使っていました。旅の前半ではサイドバックを装備せずに使っていたんですが、リアBOXに荷物を入れすぎて重心が後ろに行き過ぎたので、荷物を分散させるために旅の途中で装備しました。

バイク旅の必需品 寝袋・テント類

バイク旅と言えど、宿泊方法は自由です。お金に余裕がある方はホテルを転々としても良いでしょうし、ライダーズハウスやユースホステルなどに宿泊するのも新しい出会いなどがあり楽しいものです!

私の場合には、天気が悪い時は漫画喫茶やビジネスホテルの利用もしましたが、基本的にテントに寝袋スタイルで日本一周をしました。

テントや寝袋はバイクでの旅では一番荷物になりますが、バイク旅向けのコンパクトになるテントなどもあるのでご紹介します。

バイク用テント

バイク用には、収納時にコンパクトになる1〜2人用のテントがおすすめです。馴れるまではテントを立てるのに時間がかかると思いますが、何度がやっていくうちに5分もあれば設営出来るようになりますよ!

寝袋とマット

寝袋に関しては、最低利用温度という物が重要になってきますが、基本的に日本一周へ行く時期は夏がメインになると思うので、最低温度が低くても使える高い寝袋を買う必要は無いと思います。収納時にコンパクトになる事を優先して選んでも良いと思います。

テントの上に直接寝袋を引くと、地面が固く寝づらい上に夏だったとしても北海道など北の方に行くと地面の冷たさに熱を奪われるので寝袋との間にマットは必要です。

自炊・調理道具

食事は行く先々の名物を食べるのも日本一周の醍醐味ですが、金銭面を考えても自炊をする場面が多くなると思います。今は100円で色々と安く買えるので、一通り最低限必要な道具だけ持っていくようにすれば大丈夫です!

ガスバーナー

キャンプ用のガスバーナーは、専用ガスが必要になのでガス切れになった時にキャンプ専門店などに行かないと手に入りません。コンビニなどで簡単に手に入る自宅用のガスボンベが使えるバーナーがあるのでそちらをおすすめします!

調理器具

食器類は、バイクで移動中に割れてしまうような陶器はもちろんNG!ステンレス製の物が軽くておすすめです。お鍋・フライパン・お皿などがひとまとめにコンパクトに出来る物があるので、そちらをおすすめします。フラパンや鍋をバラバラに一通り揃えると結構かさばっちゃいますからね!

日本一周バイク旅の服装は?

服装に関しては、旅に出る時期に左右されますが、真夏だったとしても北へ行く場合には防寒対策をしっかりしましょう。

私がバイク日本一周のに出た時は6月で、自宅がある東京では半袖で過ごすような暑さだったんですが、北海道に行くことを考えてフリースとユニクロのウルトラライトダウンを持って行ったんですが、舐めてました。

北海道に入ったのが6月下旬だったんですがびっくりするほど寒く、北海道にいる間はフリース・ウルトラライトダウンの上から、雨が降っていなくてもカッパを着て走っていました。

バイク旅では荷物を減らすのも重要なので、カッパを雨具兼防寒具として使うのはおすすめ。バイク乗りの間でワークマンがコスパが良いと人気になったのもあって、ワークマンもバイク乗り向けの商品を開発して販売しています。確かにコスパが良いのでおすすめ。

着替えに関しては、バイクに乗って走っていれば1日に1回はコインランドリーを見つけられると思うので、3日か4日分の下着があれば良いと思います。

夏は半袖で走りたくなるのは分かりますが、危険なので絶対にやめましょう。バイク専用のメッシュジャケットは通気性も良く、直射日光が避けられるので半袖よりも涼しく感じます。プロテクターも入っていて、安全面でも問題なし!

お急処置にあったら安心な物

正直に言って、私はバイク歴だけは長いんですが、バイクをいじれるかというとほぼ素人レベル。なので、日本一周中に何かあればJAFに頼る気満々で出発しました。

SR400は壊れにくい頑丈なバイクなので、大きなトラブルは無かったとは言えネジが緩んだ、ウインカーコードが断線しそうになったなどの小さなトラブルがありました。念の為最低限の工具等お急処置が出来る物は持っていたので助かった!という場面はありました。

最低限の工具と、万能に使えるビニールテープ、自分が怪我した場合の包帯と消毒液程度は持っていくようにしましょう!

有るとめちゃくちゃ便利なガジェット類

日本一周中は電源がないキャンプ場などでキャンプをする場面も有ると思います。スマホなどの充電はバイクのバッテリーからUSB充電できるチャージャーを付けると便利ですが、一度モバイルバッテリーを充電しておけば、バイクのエンジンをかけていない時でもスマホなどの電子機器に充電をすることが出来るのでおすすめ。

気に入った場所があれば、バイクに乗らずに何日か過ごす事もあると思うので、ソーラーパネル充電器なんかもあれば便利ですよ!

※最近モバイルバッテリーも電気用品安全法(PSE)の対象になったので、PSEマークがある製品を選びましょうね!バイクで持ち運ぶと振動があるので爆発なんかしたら怖いので・・・

日本一周を動画で記録して配信しよう!

俺が日本一周をしていた数年前は考えもしませんでしたが、現在バイク乗りYou Tuber達が沢山動画を配信しています。実は今は私もこっそりと何本かYou Tubeにアップしています・・・。

何年か経った後に思い出にもなるし、配信を見てくれる人がいると結構テンションもあがるので、動画撮影なんかしながら日本一周をしても楽しいかもしれませんね!

アクションカムとパソコンがあれば出先からでも動画の配信が出来るので、やってみると思ったよりも簡単にYou Tuberデビューをすることが出来ます。

日本ならほとんどどこでも繋がる無制限のポケットWiFiもあるので、動画配信も動画視聴もテントの中で出来ます!便利な時代になったもんですね!笑

バイクで日本一周まとめ!

バイク乗りなら一度は憧れる日本一周。実際に私もしてみましたが、やって良かったと思いますし、チャンスがあればまたやりたいと思ってます。私の場合には3ヶ月かけて全都道府県を回りましたが、まだまだ行ってない場所は沢山あります!

取り敢えず今回は私が日本一周した時に持って行った物や、必要だった物を書いてみましたが、日本国内なら何か足りない物があっても現地調達でどうにかなっちゃうものです!

日本一周に一番必要な物は、日本一周するぞ!というテンションかもしれません!

ちなみに、そんな俺は今バイクを降りていて、2人乗りオープンカーのロードスターで車中泊なんかしてます。なんか不便な事が好きなのかな・・・?笑

2シーターのNDロードスターで182センチの俺が車中泊してみた。車中泊好き×スポーツカー好きは成立するでしょうか?走ることに特化したスポーツカーに居住性を求めるのはナンセンスでしょうか? でも、...