ガジェット

【LEMFO】LEM Tレビュー!2.8インチ画面のフルAndroidスマートウォッチ!

フルAndroid搭載スマートウォッチの中でもダントツに画面が大きいLEMFOの最新スマートウォッチLEM Tを購入したので、早速レビューして行きたいと思います。

 

おれ
おれ
スマートウォッチっていうか、腕に着ける小さいスマホだねこりゃ

 

フルAndroid搭載のLEM Tとは?

LEM Tはスマートウォッチを作っているLEMFOという会社の最新スマートウォッチなんでですが、今回のモLEM TはフルAndroidが搭載されているスマートウォッチになります。

 

一般的なスマートウォッチはスマホと連携させる事によって、LINEやメール・電話着信などの通知を受ける事が出来ますが、フルAndroid搭載のスマートウォッチの場合には、SIMカードを差して使うことが出来ます。

 

つまり、母艦となるスマホを必要とせずに、スマートウォッチ単体でスマホの役割を果たすことが出来るスマートウォッチなのです!

 

 

おれ
おれ
しかし・・・・・今までのフルAndroid搭載スマートウォッチには重大な欠点がありました。

 

フルAndroid搭載スマートウォッチの欠点
  • 画面が小さくて、スマホの代わりにとして単体で使うには厳しい
  • 腕時計サイズなので、バッテリーが1日持つか微妙・・・・

 

この2点はフルAndroidスマートウォッチを使いたい人にとっては大きな問題だったと思います。

 

LEM Tはシンプルに「だったらでかい画面にデカイバッテリー積めば解決じゃん?」というダイナミックな考えの元に開発されたフルAndroid搭載スマートウォッチなのです!

LEM Tのスペックを確認

LEM T スペック
OSAndroid7.1
カラーブラック/シルバー
CPUMT6739
RAM1GB/3GB
ROM16GB/32GB
画面サイズ2.86インチ
バッテリー容量2,700mAh
LTE対応バンド
1/2/3/5/7/8/12/20/38/39/40/41
SIMサイズnano SIM
防水IP67


スペック的には、RAMとROMの容量の2サイズありますが、画面サイズやバッテリー容量などに違いはありません。今回私が購入したのは3GB/32GBのモデルです。

 

フルAndroidの特長は、Androidが搭載されているところですが、スマホ無しで単体でも使えるので、もちろんSIMカードを入れることができます。

 

LEM Tは中国で生産されているモデルなので、日本の通信回線がどれでも使えるわけではありません。

 

LEM Tで使えるSIM(回線)

ソフトバンク系SIM◎

ドコモ系SIM◯

au系SIM△

 

実際にau系のSIMでは試して無いのでなんとも言えませんが、結構厳しい状況になるんじゃないかと・・・。

 

ソフトバンク系とドコモ系のSIMは実際に試してみましたが現時点では快適に使えています。地域に寄っては難しいかもしれないので、実際に使う時は対応バンドをよく確認して下さい。

LEM Tの同梱物は?開封の儀!

早速開封していきたいと思います。今回はaliexpressという中国の通販サイトから購入したので、国際郵便で届きました。

 

▼日本ではまず聞かないLEMFOというメーカーの製品。化粧箱も潰れてない綺麗な状態で届きました。

 

▼同梱物はスマートウォッチ本体・専用充電器・ドライバー(写真に写ってないですが、よく見たら安っぽい画面保護フィルムも入ってました。)

 

▼ドライバーを何に使うというと、SIMカードを入れる場所にアクセスするのにネジを外す必要があります。

2,700mAhの大容量バッテリーを活かして、モバイルWiFiルーターとしても使う計画があり電話を使う予定がないので、大容量のデータ通信が安く使えるフジワイファイのSIMを入れて使用!ソフトバンク回線なので快適に接続出来ました。

 

おれ
おれ
一応防水はIP67対応になってるけど、この構造をみると水は避けた方が無難かな・・・・

 

▼ちなみに最初の設定の時点では日本語が選べませんが、立ち上げてから設定で日本語化出来るので安心して下さい!

 

LEM Tの外装を詳しくチェック!

▼正面から、AppleWatch4の44ミリと並べた。2.5倍くらいデカイかな・・・・。

 

▼右側側面赤が電源ボタンで、グレーが戻るボタンになっています。

 

▼右サイトでにはスピーカーがありますが、音質は期待してはいけません。聞こえればいいかレベル。

 

▼ベルトはすっごく太いです・・・・

 

▼カメラは正面に一つ

 

▼カメラの画質に関しては・・・・。撮れてればOKくらいの気持ちでいましょう。

 

 

▼本体裏面。充電端子と心拍数センサー

 

▼充電に関しては、専用の充電ドッグが必要なのが残念。せっかくデカイサイズなんだからMicroUSBでもいいから直接させればよかったのに・・・・。

LEM Tで使えるアプリは?何が出来る?

何度も言いますが、LEM TはAndroidを搭載しているスマートウォッチなので、基本的にはAndroidスマートフォンと同じ様に、Google Playからアプリをダウンロードする事ができます。

 

搭載されているAndroidが7.1と古い事と、LEM Tはスマートウォッチ向けにカスタムされたAndroidになっているので使えないアプリもあります。

 

とはいえ、Google Playが使えるので、インストール出来るアプリは結構あります。

 

▼LINEだって出来るし

おれ
おれ
LINEの送受信は出来るんだけど、通知が来ない!バッテリーセーバー系が邪魔してると思うので解決策を模索中!

 

▼パワプロも出来るし・・・縦だけど

 

▼ドラクエウォークも出来るし・・・縦だけど

 

▼ツムツムも出来るし・・・縦だけど・・・・

 

▼You Tubeも見れます!横で!見やすい!大画面&長方形画面の本領発揮!

 

▼LEM Tにはもちろんおサイフ携帯機能は付いていませんが、ぺいぺいなんかなら普通に使えると思います。(私がペイペイをちゃんと使ったことが無いのでわかりませんが、バーコード読み取れれば支払えるんですよね?)

 

初期の時点では、LEM Tのオリジナルですが好きなランチャーを設定できるので自分好みに待受などをいじる事が出来るのもフルAndroidスマートウォッチの強みですね。

 

▼初期状態

 

▼好きなランチャーで自分好みに設定可能!

 

大画面スマートウォッチのLEM Tを実際に使ってみた感想

このスマートウォッチを見つけた時には、テンションが最高に上がってすぐ注文しました。周りの友達にも画像を見せながら自慢していましたが、実際に届いて使ってみると。

 

まぁ・・・外に付けていくにはきつい・・・かな・・・というのが正直な感想です。

 

ガジェット好きなら小さいくせに高機能みたいな製品に惹かれる人は多いと思います。勢いで買ったものの実用性で考えると微妙なスマートウォッチです。

 

You Tubeにもアップしたので、動いてるところを見たい人は参考にして下さい。

 

腕に違和感が半端ない

重さよりもかなりしっかりと幅広いバンドのせいか、常に腕に違和感があります。このサイズの本体を支えるにはしっかりとしたバンドが必要なのは分かりますが、日常的に身につける腕時計として考えるとかなりマイナスポイント・・・。

おれ
おれ
いや・・・・買う前からわかってたけどね・・・・

ただの腕時計に見えるシンプルなモデルもあるので、外に付けて歩くのが恥ずかしいって人はこっちのモデルの方が良いかも

【zeblaze thor 5】Android搭載の腕時計型スマホレビュー!zeblaze thor 5は、Android7.1.1を搭載したスマートウォッチで、SIMを入れて4G/LTE通信をする事が出来るので...

隠れてサボりたい人にはおすすめ

スマホに比べると小さい画面ですが、スマートウォッチの中では最大級クラスの2.8インチなので、漫画を読んだり動画を見たりするのは結構快適にする事が出来ます。

▼意外としっかり漫画が読めたり・・・・。

▼さり気なくYou Tubeを見たり・・・。

おれ
おれ
仕事中や学校の授業中にサボりたい人にはおすすめできるスマートウオッチだな!

スマートウォッチというよりは、小さいスマホとも言えるLEM Tは普通のスマートウォッチでは出来ない事が出来るので、ロマンを感じれる人にはおすすめできる製品です。

 

おれ
おれ
実用性なくてもワクワクしちゃうよね!こーいうのは!