ガジェット

Inateck 9.7インチiPad用キーボードのレビュー!

iPadのタッチパネルで長文を入力するのがツライと思ってる人は多いと思いますが、Apple純正のキーボードは12,800円〜と簡単には手が出ない値段。

 

今回レビューするのはサードパーティのinateckから出ている9.7インチのiPad用キーボード。

 

値段も4,000円ちょっとと値段もお手頃で、実際に使ってみると色々な機能もあり使いやすかったので、紹介してみたいと思います〜!

対応モデルのiPadは?

今回のキーボード一体ケースは、9.7インチのiPadに対応したモデルですが、9.7インチであれば全てのiPadに対応しているわけではありません。

 

 

対応モデル
iPad 2018(第6世代)iPad 2017(第5世代)
iPad Air(第一世代)
A1893
A1954
A1822
A1823
A1474
A1475
A1476

 

おれ
おれ
自分のiPadがどのモデルなのかを確認して購入しましょうね

 

Aから始まる4桁の数字がモデル番号になるので、モデル番号を確認するのが一番確実です。

▼モデル番号はiPad本体の裏側に小さく書いてあるので確認しましょう

 

inateckのiPad用キーボードケースは、今回のモデル以外にも販売されているので、モデル対象外のiPadの場合にはそちらを購入しましょう。

 

 

 

inateck キーボードケースの特徴

iPad用のキーボードは色々な会社から販売されていますが、inateckのキーボードの特徴をまとめると

 

  • キーボード+保護ケース一体型
  • 暗闇でも見える7色のバックライト付き
  • 連続使用90日間のロングライフ
  • 30分操作無しで自動スリープ機能
  • バタフライ式キーで、打ち込み感がしっかり有り
  • 2段階角度調整付き
  • MacBookのようなショートカットキーも利用可能

 

スペック
重量406グラム
サイズ
24.3 x 17.9 x 1.9 cm
キーボードUS配列
バックライト7色
接続方法Bluetooth
ケース素材
TPUレザー/プラスティック/アルミ
充電端子Micro−USB
連続使用日数90日間

 

4,000円ちょいで購入できるキーボードなのに多機能でコスパがめちゃくちゃ良いモデルになっています。

外見チェック!を確認

早速外見からチェックしていきたいと思います。

 

iPadの保護ケースにもなっているので、キーボードとしてだけではなく本体の保護としても使えますよ!

▼正面から。inateckのロゴのみのシンプルなデザイン

 

▼カバー背面から

 

▼カバーを開いた所、右側にiPadがぴったりはまります

 

▼立ててみた

 

▼iPadを装着してみたところ

 

▼iPadの角度は2段階で調整可能です。縦気味に使うか

 

▼寝かせ気味に使うかは、お好みで!

▼カメラや、スピーカー部分も専用設計なので邪魔しないように作られています。

 

▼決して薄いとは言えませんが、iPadの保護ケースとキーボードの一体型と考えれば十分満足出来る厚さ

iPadのとのBluetooth接続方法

inateckのキーボードケースとiPadの接続方法は、Bluetooth接続にて行います。

接続方法はとっても簡単、iPadをケースに装着してFN+Deleteを同時に押すだけ。Bluetooth接続モードになると青いライトが点滅状態になるので、iPad側のBluetooth接続画面に出てきた「inateck〇〇〇〇」という表示をタップすれば完了

一度接続すれば、キーボードカバーを開けるだけで自動接続されているので、毎回の設定は必要有りません。

▼FnボタンとDeleteボタン長押し

 

▼iPad側のBluetooth接続画面からinateckを選択!

キーボードは打ち込感があって使いやすい!

決して薄いとは言えないinateckのキーボードカバーですが、その理由はキーボードのストロークが深く、打ち込み感を重視しているからというのもあると思います。

 

iPad用として販売されているキーボードのなかでも、打ち込み感は良い部類に入るんじゃないでしょうか?

 

しっかりとしたストロークと、打ち込み感がある割にタイピング時に静かなので安っぽさはありません。

▼ストロークの深さも確保しているので、打ち込み感がしっかりあります。

 

▼今回のモデルはバックライト付きのモデルで、Fuボタン+▶ボタンをおせば7色から好みの色を選択可能

inateckのキーボードはおすすめできる?

一週間ほどinateckのキーボードカバーを使ってみましたが、私が気に入ってるポイントをまとめると

  • ストロークが深くパソコンに近いタイピングが可能
  • 保護カバーと一体型なので、持ち歩く時にも安心
  • 3時間の充電で最大90日のスタミナバッテリー

 

この3つに関しては、十分満足できる性能を持っています。今までiPadのキーボードを使った事がありませんでしたが、文章作成程度の作業であればMacBookproを持ち歩かずに住むだけの使い勝手の良さはあります。

 

なにしろ、価格が4,000円ちょっとでこれだけの性能があるのであれば、コスパを考えてもおすすめできる商品なのではないでしょうか?